【サッカー人気3位】取り戻した修正力 鹿島との1点を争う死…

「ファジラボ」寺田弘幸

『会心の先制点を奪取も、まだ足りない』【2021 J2第32節 琉球戦レビュー】

「勝点3に値するゲームだった」。そう上門知樹が振り返っているように、ファジアーノが敵地で見せたパフォーマンスは勝利に相応しいものでした。しかし、勝てなかった現実がある。まだまだ足りないものがあるということなんだと思います。

PKで追い付かれる
デュークのゴール
5分1敗で6試合未勝利

(寺田弘幸)

(残り 1707文字/全文: 1852文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ