【サッカー人気4位】降格を受け止めたら『クラシコ』を観てほ…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】有馬賢二監督『積み上げていることが間違っていない自信になっていく』(濱田水輝 石毛秀樹)【2021 J2第33節 東京V戦コメント】

2021 J2第33節
10/9 15:00K.O. @味の素スタジアム

東京V(1-2)岡山

35分 石毛秀樹
60分 戸島章
64分 上門知樹

有馬賢二監督

今まで数試合、あと一歩っていうゲームが本当に多く続いて勝ち切れなかったんですけど、決して自分たちができていないゲームではなかった。今日は結果を自分たちでもぎ取りに行こうという中で、守備で高い位置からボールを奪いに行くところと我慢するところを感じながら、前半の立ち上がりからゴールに迫っていってくれたと思います。

その中で先に取れ、本当は2点目が取れるともっと自分たちでゲームをコントロールして勝点3をより確実に取っていけるんですけど、取られた後に押し込まれた時間があっても、もう一回修正しながらゴールに向かっていってくれ、勇気をもって振り抜いてくれたことがゴールに結び付いた。

残り10試合は本当に全員の力が必要だよって伝えていますし、ケガを含めていろんな選手がここに来ることができなかった中で、代わった選手も含めて前回にミスがあった部分も修正しながらやってくれている。選手が前向きにチームのためにやっている1つの形だと思っていますし、こうやって結果に結び付いたことで、彼らも積み上げていることが間違っていない自信になっていくと思います。

今日はゴールが入ったスタンドで本当に多くのサポーターが声援を送ってくれて、力をもらえたなっていうことはすごく感じます。今日の試合を観に来れなかった方からもパワーをいただいているし、皆さんとまたCスタで喜び合えるように選手と11個積み上げていきたいと思います。

――遅攻の中にも縦に速くゴールに迫る形が多かったと思います

自分たちがつなぐ時間も必要だし、相手を引き出す時間も必要なんですけど、目的はやっぱりゴールであって、背後を突いたり相手が整っていないときに打ち込んでいったりすることがゴールにつながっていく。それが自分たちの良さでもあるんで、まずは背後や中を使ってより速い攻撃を意識してやったおかげで、中も空いてきたし幅も使えた部分もあった。ファーストチョイスの優先順位を選手がよく理解しながらやってくれたと思います。あとFWがしっかりとそこにランニングしていたし、出す方もそこをしっかりと見ながらやれていた。まだまだタイミングとか質は彼らだったら上げられるので、そこは修正していきたいですけど、意識を持ちながらやってくれたと思います。

――2-1で迎えた飲水タイムのときに選手たちに伝えたことは?

まずは受けないこと。ただ、ヴェルディさんの狙いに対してしっかりと枚数を合わせる守備の確認をして、消したところからしっかりとボールには行こうと。その中でチャンスがあればゴールにっていうことを伝えました。

――決勝点を挙げた上門選手について

本当に人一倍、チームの練習以外でシュート練習をトライしている選手なので、その結果がおそらく出たんだろうなと思います。自信をもって振ることが大切ですし、プレー自体が悪かったわけじゃないんですけど、点を取れなくて、本人はもどかしい想いをしていたと思うんですけど、その中でしっかりと積み上げてきたことが表現できて本当に良かったと思います。攻撃だけじゃなくて守備でも本当に良くやってくれた。ファジアーノの選手として率先して守備をやってくれたし、本当に攻守において大車輪の活躍だったと思います。

――試合後、彼に何か声を掛けましたか?

ストライカーだなっていう話をしました(笑) 

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ