【サッカー人気1位】降格を受け止めたら『クラシコ』を観てほ…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】上門知樹『とにかく勝ちたいっていう想いが、どこからかすごく込み上げてきた』【政田サッカー場直送レポート】

すごいパフォーマンスを見せた東京V戦の翌日、上門知樹はチームの一体感や気迫の大事さを口にしました。

そして、気持ちはすでに次節のホームゲームに向かっていました。

(取材日:10月10日)

上門知樹

――素晴らしいゴールだった

ありがとうございます。パウロがボールを持った瞬間に僕は動き出していた。試合前から常に見てくれって言っていましたし、昨日の試合は全員が前を見ることからプレーを始めていたのが良い結果につながったと思います。そこはチームとして成長できているところかなと思いますね。

――角度はなかったけど、良く決めた

あそこのコースしかなかったですね。下に打っちゃうとGKに止められていたと思うけど、練習していたシュートでしたし、うまく決められて良かったです。

――溜まっていたものが弾けたような感覚があった?

そうですね。長らく取れていなかったですし、チームも長らく勝てていなかったですし、デュークも代表でいない試合だったんで、勝てないと「デュークがいないから」って言われてしまう。それが僕はすごく嫌でしたけど、昨日はそう言わせないためにみんなも気持ちが入っていたかなと思います。久々に出たヤマ君も途中から出た選手も良い準備ができていましたし、昨日はベンチの雰囲気もすごく良かったので勝点3につながったのかなと思います。ああいう気持ちが本当に大事なんだなと、あらためて思いました。

――山本君とはどんなことを話して試合に入った?

まずはお互いの距離を近くすること。それから、ヤマ君は裏に抜けるのが特徴の選手なので、僕がヤマ君の動きに合わせて動くっていう話はしましたけど、ヤマ君が毎回裏に抜けていると僕の受ける回数が少なくなってしまうので、僕も裏に抜ける動きもしながらやりました。うまくアイコンタクトしながらやれたので、2人の動きが被らなくて相手もつかみづらかったと思います。

――守備でもよく走っていたね

とにかく勝ちたいっていう想いが、昨日はどこからかすごく込み上げてきた。カウンターを受けたシーンも、誰かが付いていかないと決められる可能性があった。あそこで同点になっちゃうと本当にもったいないと思って戻りましたけど、ああいう気持ちのこもった試合をホームでも見せないといけないなと思います。だから、次の試合が本当に大事になると思っています。

――昨日はどれくらいの走行距離だったの?

まだ数字を見てはないんですけど、距離はそんなにですよ。うまく走るところと走らないところのメリハリを付けてやれたので、最後までああやって全力で走れたんだと思います。岡山のFWは守備も求められるし、そこは本当に自分が成長している部分でもあると思う。岡山に来てなかったら、あのプレーは絶対にできていないと思いますね(笑)

――残り9試合もみんなで良い試合ができそうだね

そうですね。ここ数試合は内容もすごく良かったですし、あとは勝点3を取るだけだった中でやっと勝点3が取れたので、残り9試合も昨日の試合をベースにして、全員で全部の試合に勝つっていう気持ちをもって良い準備をしていきたい。まずは次のホームの試合で勝ちたいです。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ