今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】梅田透吾『全力で嫌がらせをするしかないですね(笑)』【政田サッカー場直送レポート】

京都は勝たなければ20日にJ1昇格を決めることはできません。

ということは、梅田透吾からゴールを奪わないといけないということです。

充実感に満ちている21歳のGKは、京都にとってすごく厄介な相手になることは間違いありません。

(取材日:11月17日)

梅田透吾

――京都戦はすごく楽しみな状況になったね

全力で嫌がらせをするしかないですね(笑)

――(笑) 京都は勝たないとその日に昇格を決めることはできないから、梅田君が止めれば目の前での昇格を阻むことができる

そうなんですね。じゃあ、より頑張ります(笑)

――京都の攻撃は、真ん中にいるウタカの周りから湧き上がってくるようなイメージがあると思う

そうですね。力強いFWが一番危険な存在ですけど、それだけじゃない。京都はみんながゴールに向かって動いている印象があるんです。SBもそうだし、CBが上がってくるシーンもよく見るじゃないですか。本当にどん欲に点を取りにくるし、人数をかけてくるんで、こっちも本当に全員で守らないといけないなと思います。

――そういう相手に、GKとして気を付けないといけないことは?

人が入ってくる場所をしっかりと把握して、どこが危ないかを事前に周りに伝えないといけないと思っているんで、まず自分がしっかりと状況を把握しておかないといけないと思いますし、最後の部分でCBと協力して止めていきたいです。

――前節はらしくない失点が続いてしまったけど

立ち上がりの失点は良くないですよね。気が緩んでいた選手はいないと思いますけど、なんとなく全体が緩んでいた感じがあったし、今回はそういう隙を見せたら何点でも取りに来るチームだと思うんで、それだけはなくしたいです。この前の石毛君のスーパーゴールみたいなのは仕方ない部分があるけど、ああいうの以外は抑えられるチームだと思うんで、みんなで頑張っていきたいです。

――今年、初めて新しい環境への挑戦だったけど、すごく充実した時期を過ごせているね

良かったですね。自分は自分のペースでやらせてもらっていますけど、そういうところを認めてくれる皆さんに本当に感謝しています。GK3人の先輩も優しすぎるくらい優しいんですよ。椎名さんはちょっと特殊ですけどね(笑)

――椎名君はどんな存在?

本当に良い人ですよ。甲府戦の終わり際に僕が何もないところでつまづいたシーンがあったじゃないですか。試合が終わったあとにみんなに「何してんだよ」ってツッコまれたし、僕も自分で笑っちゃうくらい恥ずかしくて、椎名さんにも絶対にいじられるんだろうなって思っていたんですけど、新幹線に乗ってすぐ「膝、大丈夫か」って連絡をくれたんです。感動しましたよ。

――じゃあ、環境を変えて良かったと思っている?

良かったです。助けられていることばっかりですけど、本当に伸び伸びとやらせてもらえているんで、頑張らなきゃなと思います。

――練習から楽しそうにやっているよね

本当にすごく楽しいです。GKだけじゃなくみんな優しいんで。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ