【サッカー人気5位】西川周作が新たなムードメーカーに新加入…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】木村太哉『自分自身が成長するキッカケをいろんな形で作ってくれた』【政田サッカー場直送レポート】

プロ1年目のシーズンを有馬賢二監督の下でプレーした木村太哉は、とても有意義な時間を過ごしてきました。

これから数年後にどんな形で飛躍していくのでしょうか。

誰よりも楽しみにしているのは有馬監督なのかもしれません。

(取材日:11月25日)

木村太哉

――有馬監督の退任の発表を、木村君はどう受け止めているんだろう?

僕は今年がプロとしての初めてのシーズンですけど、それでも今のところ全ての試合の起用してもらってきましたし、自分の持ち味以外のところもすごく伸ばしてくれようとしてくれていたんですけど、今シーズン中にスタメンで出れるところまでモノにできなかったところが悔いの残るところです。でも、本当にいろいろとトライさせてもらって、すごい感謝しています。

――いろいろな形でコミュニケーションを取ってくれていたね

そうですね。試合の次の日の練習とか、練習が終わった後にも声を掛けていただき、たまには映像を見ながらどうした方が良いかを教えてもらっていた。僕に時間と熱量をかけてくださっていることを感じていましたし、左だけじゃなく右でも起用してもらって、将来的に自分のプレーの幅が広がるように考えてくれていた。自分自身が成長するキッカケをいろんな形で作ってくれたなと思います。

――プロ1年目のシーズンはすごく充実感があったのでは?

そうですね。持ち味は通用したと思いますけど、もっと出せたと思いますし、そのためにはまず試合に出続けないといけないんで、スタメンを取れるだけの信頼感を得ていかないといけないと思いましたし、全体のレベルをもっと上げていかないといけないと思いました。持ち味のドリブルも通用しないなと感じることはなかったんですけど、ドリブルの技術だけじゃなく、いつ仕掛けて、どのときは仕掛けないか、っていう判断のところで伸びシロがあることを感じるシーズンだったんで、そういうところができるようになると自分の選手としての価値ももっと上がっていくと思っています。

――あと2試合に向けて

負けなしも続いていますし、ラスト2試合もしっかりと勝ち星を重ねて監督を良い形で送り出せるようにしたいです。僕自身もなかなか結果が出ていないんで、残り2試合で何かしらを残せるようにしたいです。

――ゴールが欲しいね

はい。そこが今シーズン、一番苦しんできた部分です。結果が伴わなかったので、来シーズンに弾みを付けるためにも、何かしらの形でゴールに絡みたいです。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ