【サッカー人気3位】【フォトレポート5/17】【J2第17…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】本山遥『日本を代表する選手になりたいです』【政田サッカー場直送レポート】

ヴィッセルのアカデミーで育ってきたDFは、大学の4年間を経てプロの世界に自信を持って飛び込んできています。

「もう若くない」

本山遥はそう言って1年目のシーズンに臨んでいる。大きなインパクトを残してくれそうな予感がします。

(取材日:1月16日)

本山遥

――プロ生活をどんな気持ちでスタートしている?

大卒1年目ですけど、自分はルーキーだとは思っていなくて、本当に戦力としてこのチームに採っていただいたと思っているので、それを示さないといけないっていう熱い気持ちです。1年目から、本当にスタートから、自分の力を証明したいと思っています。

――昨年のキャンプにも参加していたし、やれるっていう自信があるんだね

はい。昨年のキャンプではすごく高いレベルの練習試合にも出させていただいて、すごく良い経験になりましたし、あれから1年間は高い基準をもって過ごせたなと思っています。

――どんなところでチームに貢献していきたい?

守備のところは本当に自信があって、ボールを奪いに行くところ、最後の守るところでチームの助けになっていきたいです。攻撃の部分も足の速さや運動量には自信があるんで、そういうところを生かしていきたいですし、決定的なラストパスのところが自分の課題だと思うので、そこを練習で向上させていけるようにやっていきたいです。

――ディフェンスラインならどこでもできると聞いているけど、プロで挑戦したのはSB

そうですね。身長的にやっぱりSBが一番やりやすいですけど、大学でもかなり多くの試合をCBで出たので、どっちでもいいです。でも、やっぱりプロのレベルになってくると外国人選手もいるので、高さがないところでしんどいところもあるのかなと思います。

――身長がもっと欲しいなって思った時期はあったでしょう

ありましたね。そもそも中学のときも高校のときもCBをしていて、伸びないかな~ ってずっと思っていたんですけど、結局伸びなくて高校の途中からSBもやるようになったんですけど、そこで自分の特徴の走力を生かしたプレーができるようになったんで、また自分の可能性が広がった感じがしたんですけど、CBもすごい好きなポジションなので、今でも身長はもっと欲しいです(笑)

――だよね。ヴィッセルのアカデミーで育ってきて、ずっとプロは目標にしてきた?

はい。小学生のときから漠然とプロを夢見ていたんですけど、中学、高校と上がるにつれて、先輩や同級生がプロになっていくところを見てきたし、隣の練習場でトップチームが練習するところも見てきたので、だんだんと夢が目標に変わっていって、高校ではプロになれなかったですけど、大学では「自分はプロになるんだ」って思って1年目からやってきました。

――高校を卒業するときにプロになれなかった悔しさがあった?

なりたかったですけど、あのときはけっこうプロは遠かったです。自分の実力的にも、チームの立ち位置的にも、そのままトップに上がれないことは自分でも納得できていましたけど、もうダメだなとは思わなかったんです。まだまだ可能性はあると思っていて、ユースのときの監督からも大学経由でプロになることをすごく期待していただいたので、大学に行ってプロになるんだって思ってやってきました。

――大学の4年間でしっかりとプロ契約を勝ち取り、こうやって自信を持ってプロ生活をスタートできている。良い4年間だったんだね

はい。高校の頃にトップチームと練習試合をしたときはすごく違いを感じていましたけど、大学では天皇杯でガンバと試合をしたり、練習試合でサンガやセレッソとも試合をする機会があったときに、段々差を感じなくなっていった。自分が成長していることを感じながら4年間を過ごせたので、すごく良い4年間になりました。

――J2のカテゴリーからプロのキャリが始まるけど、どんな野望を持っている?

日本代表を目指しています。自分の同い年で代表に選ばれている選手もいますし、海外でサッカーをしている選手もいるんで、自分はもう若くないってことを頭に入れて、ギラついて上を目指していきたいと思っています。日本だけじゃなく、海外でもプレーしたいなと思っていますし、日本を代表する選手になりたいです。今は夢でしかないですけど、これからの自分次第では不可能なことではないと思っているんで、近いうちに目標にして、いつかは現実にしていけるように、努力していきたいと思います。

――東京五輪に出場していた世代が同世代だもんね

そうですね。自分が中学生のときに東京五輪が決まって「出たい!」って思っていたんですけど、今は理想と現実のギャップがすごく生まれてしまっている。でも、ワールドカップに出るチャンスはまだ残っていると思うし、本当に負けたくないなって思っています。まだ彼らと土俵は同じではないですけど、僕もプロの世界に入れたので、世界で戦っている彼らの目線で僕もやり続けたいなと思います。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ