【サッカー人気3位】【フォトレポート5/17】【J2第17…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】木山隆之監督『まず自分たちの基本形は[4-3-3]でスタートしていこうと思います』【政田サッカー場直送レポート】

少しずつ木山体制がどんなサッカーを展開していくのかが見えてきています。

基本形は[4-3-3]。ファジアーノとしては初めての形になるので、ワクワクします。

(取材日:1月18日)

木山隆之監督

――沖縄キャンプは取りやめになりましたけど、岡山でも支障なくトレーニングできていますね

寒いけどね。最初の2日くらいは暖かくて、これはいいな~ って思っていたんだけど、急に寒くなったから。

――ゲーム形式の練習も入ってきていますけど、いろんな制限を設けながら練習しています。選手たちはしっかりとついてきていますか?

そうですね。ゲーム形式ももう3回くらいやっていますけど、日々進歩していることを感じながらやっています。

――今は特にどういうところを求めていますか?

チームとしての設計図がある中で、そこを目指していくときに微調整していかないといけないこともあるし、身に付けていかないといけないこともあるんで、そういうことを今は1つひとつ積み上げながらやっているところで、選手たちに言っているのは「新しいことをやろうとしたときに、前のことをなくしちゃうと積み上がらないから、積み上げていくことをしっかりとやりながら、日々一歩でもいいから前へ進んでいこう」ということです。今は自分たちのボールになったときにバランスよく人を配置して、そこからフリーな人を作って前に進んでいくことをやっている中で、まずは周りを見てポジションを取ることが一番大事なことなんで、そこを意識して練習しています。

――立ち位置は[4-3-3]です。これが基本ベースになるのでしょうか?

まずはチャレンジしていこうかなと。これからチームに合流してくる人もいるし、何がベストなのかは常に模索するべきだと思いますけど、まず自分たちの基本形は[4-3-3]でスタートしていこうと思います。

――これまでファジアーノは[4-3-3]が基本形になるシーズンがなかったので、すごく新鮮です

そうですか。3バックの時期も長かったし、確かに[3-4-3]のイメージがありますね。

――[4-3-3]にもメリットとデメリットがあると思いますが、[4-3-3]を選ぶのはどういう理由からでしょうか?

やっぱり前線に3人を配置できることですね。今年は外国人選手も入ってくる中で、そういう選手たちのパワーを使っていく意味では理に適っているかなと思う。昨年までは[4-4-2]っていう形でしっかりと守備を整えることはできていた中で、少し形は変わりますけど、前からのプレスもかけやすい。そういう意味でも合っているかなと思っています。

――ウイングが力を発揮できるかは大事なポイントになりそうです

1つクリアしていかないといけないことは、外を崩していくドリブルをできる人が両サイドにそんなにたくさんいるわけじゃなくて、どっちかと言うとストライカータイプの人がちょっと多いかなと思うんで、アレンジが必要だなと。今チャレンジしているのはウイングの人も外に張るのではなく、ゴールに近いところでパワーをもってプレーしていくっていうのをイメージしながら取り組んでいます。ただ、ハンが来たり、チアゴが入ってきて、彼らがウイングをできるようであれば、また違う考え方にもなってくると思いますけど。

――チアゴはウイングでもプレーできそうですか?

正直、ガンバのときは頂点がすごいいいなと思っていた。2トップだったけど、裏にも走ってくれるし、前から守備も頑張ってくれるし。チアゴにとってはウイングより頂点がいいのかもしれないけど、デュークもいるし。その辺の兼ね合いも含めて、誰がどういうプレーができるのかをちゃんと1回テーブルに並べてみてから自分たちが意識することを決めていくことになると思いますけど、今のメンバーで3トップをスタートするにあたっては、サイドに張ってドリブルを仕掛けるよりも、内側に人を掛けてクロスをたくさん入れていく、中にボールを差し込んでいく、そういう形の方がいいんじゃないかなと思っています。

――アンカーもすごく大事ですね

そうですね。チームのへそなので、怖がらずにボールを受けること、前を向くこと、潰されたときにも柔軟にポジションを変えてやること。いろんな能力が求められると思います。ディフェンスラインに降りてくることも時には必要だと思いますし。

――これから紅白戦も入ってくると思います

そうですね。今日はアタッキングパターンの練習が長くなったのでゲームはしなかったですけど、これからもゲーム形式をやっていきながらチーム全体に戦術を落とし込んでいって、キャンプに行く前には1回大きなコートでゲームをやりたいなと思っています。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ