【サッカー人気3位】【マッチレポート】J2-15[H] 水…

「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】柳育崇『後ろから怒号を響かせていこうと思います(笑)』【2022宮崎キャンプレポート】

柳育崇がヨルディ・バイスと共にチームを支えていってくれるに違いない。

すでにそう感じさせるだけのパフォーマンスを見せていますし、まだまだ伸びシロがあることも感じます。

(取材日:1月29日)

柳育崇

――昨日のトレーニングマッチを戦って感じたことは?

今年初っていうことで、みんなと練習とはまた違った緊張感の中で試合ができて、もちろん良かったところと悪かったところがでましたけど、そこをみんなで解決していこうっていう雰囲気がすごくあるので、すごく良い雰囲気のあるチームだなとあらためて感じています。みんなで僕たちができることをこれから表現していきたいです。

――特に改善していきたいなと思ったところは?

まず守備のところで、組織的に守る、戦術的に守る、っていうことはもちろん大事ですけど、それ以前にもっと相手が嫌がるくらいプレスをかけ続ける意識が足りないんだろうなという実感がありました。せっかく良い形で追い込んでいるのに逃げられてしまうことがあって、そこでもう一歩寄せるだけでぜんぜん違う世界があると思うんですけど、まだそこまで共通意識を持てていないなと思います。後ろとしても、前の選手がもう一歩寄せてくれるだけで守り方も変わってくるし、すごく楽にもなるので、もっと要求していきたいです。

――午前中の練習でもプレスのかけ方をしっかりとやっていたけど、プレスがこのチームのすごく大事なところになりそうだ。

そうですね。そこが生命線になると思うし、奪い切れるようになればチャンスも増えてピンチも減らせると思うので、後ろから怒号を響かせていこうと思います(笑)

――しゃべることが持ち味の1つでもあるんだね

はい。そこは栃木でもやってきましたし、そこで自分の価値も高められると思っているので、もっとしゃべるクオリティを上げていきたいし、もっとみんながスイッチを入れやすくなるようなポジティブな声掛けをしていきたいと思っています。

――ビルドアップもすごくスムーズにやっている

周りのサポートがすごく良いので、自分が難しいプレーをしなくてもすんでいるんです。周りにすごく助けられている部分がありますけど、岡山で練習が始まって3週間くらいで成長できている実感があるので、試合でも自信を持ってできるように精度を高めていきたいと思っています。今はある程度、安全に失わずにボールを回すことはできてきていると思っていて、もっと縦パスを厳しいところに入れていくのが次の段階だと思っているんで、そこにもトライしていければなと思います。

――バイスと一緒にプレーしていて学ぶことも多いと思う

そうですね。バイスからはもういろんなものをすでに吸収させてもらっています。彼はすごいプロフェッショナルなメンタリティを持っているし、言いたいことはズバズバと言ってくるんで、その分、俺も言いたいことが言える。すごく良い関係を築けていると思います。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ