「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】『チアゴのゴールを粘り強く守って2連勝』【2022 J2第21節 山口戦 速報】

2022 J2第21節
6/12 13:00K.O. @維新みらいふスタジアム

山口(0-1)岡山

37分 チアゴ・アウベス

強い日が射し込み気温34℃を記録する維新みらいふスタジアムにファジアーノは乗り込んだ。

前節に5‐1の勝利を収めた金沢戦と同じ11人で臨む中で、河井陽介が1カ月ぶりにベンチに入った。

レノ丸が桃太郎のコスチュームを着て、ファジ丸も駆け付け、中国ダービーを演出してキックオフを迎えると、山口が自陣からパスをつないで攻め入る。5分、ハン・イグォンのパスミスをピッチ中央で田中渉が拾ってスルーパス。沼田駿也が河野諒祐を振り切ってPA左からシュートを打つも、堀田大暉がタイミングよく距離を詰めて弾き出した。

ファジアーノは今節でJ通算100試合出場の柳育崇を中心に粘り強く守っていき、CKからチャンスを作る。19分、河野がゴール前に蹴り込んだボールを柳が合わせてヘディングシュートを放ち、その直後のCKでは河野がファーサイドに蹴ったボールをバイスが下がりながら折り返し、ステファン・ムークが右足を振り抜く。力強いシュートだったが、ゴールマウスを越えた。

山口はファジアーノのプレスの勢いが強くなっても、自陣からパスをつないでいく姿勢を貫いて左サイドからゴールに迫る。24分、橋本健人、沼田、田中とつなぎ、PA手前で大槻周平がミドルシュートを放った。大槻のシュートはDFにブロックされるも、こぼれ球をPA左で拾った田中がシュートを打つ。しかし、これは堀田が好セーブ。さらに橋本が左サイドからクロスを入れ、ファーサイドで高木大輔がヘディングで折り返したボールも堀田がキャッチしてピンチを食い止めた。

ファジアーノは堀田の好守もあり山口の攻撃を跳ね返してくと、反撃を開始。イグォン、チアゴ・アウベスがディフェンスラインの背後を突いて押し返していく中で、37分に試合を動かす。右サイドの高い位置で本山遥、田中雄大、ムークが相手を囲んでボールを奪い、ムークがクロス。これはヘナンにブロックされるも、足を止めなかった田中が橋本との争いを制してゴール前に折り返す。チアゴがPA右でコントロールし、右足を振り抜きゴールネットを揺らした。

山口に5本のシュートを許し自陣で守る時間も多い前半だったが、ファジアーノは唯一の枠内シュートをゴールに結びつけて前半を折り返した。

後半、ファジアーノは自陣からパスをつないで敵陣に進入してチャンスを作っていく。49分、背後に抜け出したチアゴがPA右から上げたクロスにイグォンが合わせた。53分にも宮崎智彦のグラウンダーのクロスに背番号9が飛び込むが、シュートはジャストミートしない。

追加点を奪うことができないファジアーノはピンチを迎える。55分、左のニアゾーンを突いた橋本の折り返しに、ゴール前でフリーになっていた山瀬功治が左足で合わせた。シュートは堀田の手をすり抜けてゴールマウスに飛ぶも、カバーに入っていた智彦が頭で弾き出す。さらにクリアボールを拾った佐藤謙介がPA左からシュートを放ったが、バイスが立ちはだかった。

1点リードのファジアーノは67分に足をつったチアゴに代わって宮崎幾笑が左SHのポジションに駆け出していき、イグォンがCFに回る。追いかける山口は71分に2枚替えを行い、今季リーグ戦初出場の桑原海人が左SBに、池上丈二が右のインサイドハーフに入った。

試合終盤に入ると、リーグで2番目に多い数を記録する山口のクロスがファジアーノのゴールを襲うも、バイスと柳が跳ね返し続け、ハイボールは堀田が飛び出してキャッチする。ゴール前で山口の選手にシュートを許さず集中して守った。80分には喜山康平に代わり河井が入って8試合ぶりの復帰を飾り、ムークに代わって白井陽斗も入っていく。

アディショナルタイムもファジアーノは集中して粘り強く守った。山口がボールを握ってクロスを放り込んできても、ことごとく弾き返してウノゼロを完成させた。

今節のシュート数はファジアーノが6本で、山口が13本。倍以上のシュートを許し、守る時間も長い難しい試合だった。しかし、粘り強くタフに戦ってつかんだ勝利はチームにさらなる一体感をもたらすだろう。試合終了のホイッスルが鳴ると選手たちはバイスを中心に円陣を組んで勝利を称え合った後、アウェイ席をファジレッドで埋めたファン、サポーターと喜びを分かち合った。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ