「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】田中雄大『自分もやっぱりトップ下で勝負したい気持ちがある』【政田サッカー場直送レポート】

田中雄大はもう完全にチームの中心選手の1人です。

前節はトップ下でプレーしてなかなか良さを出せていませんでしたが、背番号14は間違いなくトップ下でも躍動できる能力を持っています。

(取材日:6月21日)

田中雄大

――3連勝中のチームの状態をどう感じている?

あんまり内容としてはうまくいってない試合も勝ち切れるようになっている。J1昇格するためにはそういう試合は必要だと思いますし、勝ちながら修正していける状態は本当に素晴らしいと思う。チームの良い雰囲気がそういうものを引き寄せているのかなと思っています。

――良い雰囲気を感じているんだね

当たり前のことかもしれないですけど、本当にトレーニングから誰も手を抜かずに一生懸命やっているんで。スタートで出ている選手だけじゃなくて、サブの選手だったり、その他の選手のクオリティもすごく高い。だからこそ、緊張感を持ってやれているのかなと思います。

――前節はトップ下でスタートしたけど、難しかった?

チームとしてもボールを持てていなかったので、そうなるとトップ下にボールが入るのは難しいと思う。でも、もうちょっとボールを触りに行っても良かったのかなって思うんですけど、前にいるチアゴが孤立したら意味がないと感じていました。難しかったですけど、もう少し機能させたかったです。

――今後もトップ下で起用されることはあると思うけど、どういうふうにやっていきたい?

もっとうまく中盤の3人で立ち位置を変えながら、動きながらスペースを見つけて、誰かがフリーになる状況を作れればいいかなと思います。そこをもっとコミュニケーションを取りながらトレーニングからやっていきたい。自分もやっぱりトップ下で勝負したい気持ちがある。もちろんどこでもプレーできますけど、琉球戦はもっとボールを中盤の選手が受けられれば、もっと自分たちでスムーズに試合を運べていたと思います。

――今日もビルドアップの練習をしていたけど、そこはチームとしても向上させていきたいところだ

ボールを持つことはずっとやろうとしていますし、それができるから勝てるかどうか分からないですけど、少なからず可能性は上げられるかなと思います。自分たちがしっかりとボールを持って相手コートに入っていければ、前に点を取れる選手はいるので、勝つチャンスは本当に増えると思う。そこはみ上げていくだけかなと思います。

――練習に参加している乾選手からは刺激を受けている?

やっぱり乾選手のプレースタイルは自分の目指すところ。誰も飛び込めないようなボールの持ち方をしますし、自分にとって本当に良い機会だなと思っています。この期間を無駄にせず、自分に吸収できるものはすべて吸収したいです。

――やっぱりうまいなって思う?

あんまり大きくない選手だと思いますし、そんなにガタイが良いわけでもないと思うんですけど、やっぱりボールを持ったときの技術とか落ち着きがあって、相手が飛び込めない状況を作るところはすごいうまいなって思います。自分もああいうプレーをしたいと思っているので、本当にいろいろ吸収していきたいです。

――水戸戦に向けて、4連勝がかかっているけど、どう臨んでいきたい?

連勝はしていますけど、それは過去のことだと思うので、目の前の試合で勝つっていうことを繰り返していくだけだと思う。そのための準備をしていきたいですし、個人としても少し点が取れていないので、結果の部分も狙っていきたい。それがチームの勝利につながれば1番良いと思いますけど、まずは良い準備をして臨んでいきたいです。

――チャンスに絡めている印象があるんだけど

本当に最後のところですよね。足を止めずにやっていますし、結果に対する強い想いは持っていますけど、あまり固くなり過ぎないことも大事かなって最近は感じています。自分のプレーをすることで結果が取れれば1番良いですし、固くなりすぎずやりたいなと思っています。

――僕は後半戦に田中君がもっと点を取るような気がしているよ

そうですか(笑) 前半戦もチャンスのシーンを全部決めておけば、もう二桁近くいっていたのかなと思うので、悔しいなって思いますけど、でもそれがやっぱり今の自分の実力だと思う。でも、ゴールの近いところにいることも実力だと思っているので、最後の決めきるところにこだわっていきたいです。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ