「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】『対照的な岡山と水戸のストライカー』【難波拓未のアウェイゲームの見方】

アウェイゲームの朝に難波拓未がアウェイチームの情報を集めて注目に値するところや興味深いところをピックアップしたコラムをお届けしています。

現地で応援する人も、DAZNで観戦する人も、ぜひキックオフの笛が鳴る前に目を通してみてください。

(難波拓未)

得点ランキング2位のストライカー

「1日も早くチームに馴染んで1つでも多くの勝利、ゴールを目指します」(水戸公式HPの完全移籍加入のお知らせより)

「一番大事なのはチームがJ1に昇格することで、そのために勝っていくことなので、それさえできれば、僕のゴールが5点か、10点か、20点かは、そんなに重要なことじゃない」(ファジラボの1月16日掲載のインタビューより)

1つ目は水戸の木下康介選手で、2つ目はファジアーノのチアゴ・アウベス選手のコメントです。彼らはともにJ2の得点ランキング2位の8得点を決めていますが、得点に対する対照的な考え方、価値観を持っているようです。

貪欲な木下康介選手

木下選手は得点にすごくどん欲なストライカーです。

彼は横浜FCのユースに所属していた高3の夏に、関係者を通じてマンチェスター・シティに自身のプレー映像と履歴書を送付して入団テストを受けています。そして、英国でプロ契約が可能となる18歳になるとマンチェスター・シティから正式にオファーをもらっています。

10代の頃から海外でプレーすることを目指してきた木下選手は、高校卒業を待たずに海を渡りました。ビッグクラブに在籍することよりも成長することを優先してドイツのフライブルクでキャリアを始めると、スウェーデン、ベルギー、ノルウェーでプレーし、2018年にはスウェーデン2部リーグでキャリアハイの13得点を記録しています。

海外で9年間プレーしてきた木下選手は、ダブルハットトリックを達成したにもかかわらずールを脇に抱えてセンターサークルに戻し、相手チームにゲーム再開をせかせたことがあるラウル・ゴンザレス(元スペイン代表/レアル・マドリード、シャルケなどプレー)のようにどん欲です。

190㎝の高さに注目しがちですけど、今季に決めている8得点のうちの半分の4得点がPA内でパスをもらってシュートを決めた得点でした。相手DFがボールホルダーを見た瞬間にDFの死角を突く動き出しが木下選手の得点力を支えているんです。常にチャンスを狙うどん欲さは、得点を取って自分の価値を証明しなければ生き残っていけない海外でのプレー経験によって身に付けたんだと思います。

水戸の得点源として活躍している木下選手は、第20節の大宮戦で大宮のスポンサー看板を蹴って破損させてしまい、Jリーグとクラブから出場停止処分を課されて直近2試合に出場していません。今節は出場停止明けの試合になります。間違いなく、いろんな想いを胸に挑む試合になるでしょうし、より得点へのどん欲さを出してくると思います。

勝利を追求するチアゴ・アウベス選手

僕たちのチームのトップスコアラーであるチアゴ選手は、自分の得点よりもチームが勝つことを大事しているストライカーなんです。

ブラジルのサントスFCでプロキャリアをスタートさせた後、ブラジルの4クラブへ期限付き移籍をしてから、22歳のときに活躍の舞台をアジアに移します。韓国、サウジアラビアでプレーし、2017年3月に清水へ期限付き移籍をしてJリーグにやってきて、鳥栖、G大阪を経て現在はファジレッドのユニフォームを着ていますが、これまで決してたくさんの得点を決めてきたストライカーではないんです。

2015年には25試合に出場して4得点でした。しかし、所属していた浦項は韓国1部リーグで3位の成績を残しています。また、2018年には18試合に出場して2得点しか決めていませんが、所属していた全北現代は韓国1部リーグを優勝しています。チームの勝利に貢献してきたチアゴ選手は、アル・ヒラル(サウジアラビア)では左SBで起用されることもあったそうです。

得点よりもチームが勝利するためにプレーしてきたチアゴ選手ですが、左足は本当に強烈です。今季の8得点のうち5得点を左足で決めていて、左足での得点数はリーグトップです。開幕戦で決めたようなロングシュートを常に狙っていますし、Cスタに水戸を迎えた第14節でもデザインされたセットプレーから左足のシュートをゴールネットに突き刺しました。

得点王になってほしい

出場停止から戻ってくる木下選手と、直近5試合で2得点2アシストを記録している好調なチアゴ選手。得点ランキング単独2位になるのはどちらの選手でしょうか。

ひょっとしたら、チアゴ選手は得点ランキングなんて気にしていないのかもしれません。

「何点を取るかは神様が決めることで、神様が決めることなのならば、何でもいい」(ファジラボの1月16日掲載のインタビューより)

そう話していましたけど、僕はチアゴ選手に得点王になってほしいんです。

J1に昇格するチームには得点ランキングの上位にいるストライカーが在籍していることが多い。昨季の磐田にはルキアン選手がいて京都にはピーター・ウタカ選手がいました。チアゴ選手も彼らのように得点ランキングを引っ張っていってほしいですし、得点王にふさわしいくらい強烈な左足のシュートを持っています。今節もすごい得点を期待しています!

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ