「ファジラボ」寺田弘幸

【無料】『追い付かれて4連勝ならずも、勝点1は手放さず』【2022 J2第23節 水戸戦 速報】

2022 J2第23節
6/25 18:00K.O. @ケーズデンキスタジアム水戸

水戸(1-1)岡山

23分 ヨルディ・バイス
89分 安藤瑞季

ファジアーノは2019年以来の4連勝を目指して、ケーズデンキスタジアム水戸に乗り込んだ。

木山隆之監督は前節の琉球戦から先発3選手を変更。徳元悠平が左SBに入って11試合ぶりの先発を飾り、前節に劇的な決勝ゴールを決めた宮崎幾笑が左SHに入って、川本梨誉が6試合ぶりに先発してチアゴ・アウベスと前線を構成した。

28.9℃の中でキックオフを迎えると、試合は3試合負けなしの水戸のペースで進んでいく。右サイドはSBの村田航一が駆け上がり、左サイドはSHの椿直起がドリブルを仕掛けて、木下康介と安藤瑞季の2トップのパワーを生かして攻め入った。

8分、椿が安藤とのワンツーでPAに入って右足を振り抜いた。GKの手前でワンバウンドするシュートだったが、堀田大暉が冷静に弾き出す。13分には木下がPA右でヨルディ・バイスを振り切ってクロス。このクロスはファーサイドに流れるも、椿がこぼれ球を拾ってタビナス・ジェファーソンがミドルシュートを放ったが、本山遥がシュートブロックした。

ファジアーノは自陣で堀田、バイス、柳育崇を中心に粘り強く守っていくと、21分に川本のパスに抜け出した田中雄大がシュートを放ち、この試合で初めてのCKを獲得する。古巣との対戦になる河野諒祐がゴール前に蹴ったボールは相手にクリアされるも、こぼれ球がPA内にいた森勇人の手に当たりPK。これを腕章を巻いたバイスがゴール右スミに決めてチームメイトと喜び合い、最後に柳と熱い抱擁を交わした。

4試合連続で先制に成功したファジアーノだったが、水戸に押し込まれる展開は変わらない。27分に椿が左サイドから切れ込んでシュートを放ち、29分には新里涼、38分にも安藤がミドルシュートを打った。我慢の展開でも決して焦れることないファジアーノは[4-4-2]のブロックを組み、横のスライドを徹底することで応戦していき、サイド攻撃から獲得したCKで追加点を狙うも、44分のバイスの折り返しに合わせた川本のヘディングシュートは枠の左に外れた。

後半、追いかける水戸が森に代えて高岸憲伸を投入してスタートすると、47分にチャンスを迎える。前田椋介のアーリークロスを木下がゴール前で合わせた。河野と柳の間でフリーになっていたが、ボレーシュートはジャストミートしなかった。55分には高岸、新里とつないで前田がミドルシュートを放ったが、これは枠を越えていった。

ファジアーノは相手のパスの出し手にも受け手にもプレッシャーをかけることができなくなっていき、バイタルエリアに縦パスを簡単に通されてしまい、61分にピンチを迎えた。椿のパスを安藤がPA内でフリックし、木下が抜け出してシュートを放つ。これには堀田も反応できなかったが、シュートは右のポストに弾かれた。

ファジアーノは62分に成瀬竣平とハン・イグォンを投入して左サイドを入れ替えるも、押し込まれる展開を打開することはできない。66分には鈴木嘉丈の縦パスをゴール前で新里がワンタッチパス。またも抜け出した木下がシュートを放ち、高岸がこぼれ球を押し込んでゴールネットを揺らしたが、木下のポジションがオフサイドでノーゴールとなった。

水戸は67分に黒石貴哉、75分に金久保順と梅田魁人を投入して攻勢を強めていく。ファジアーノも80分に足を痛めたチアゴに代えて白井陽斗、川本に代えて阿部海大を投入し、システムを[3-5-2]に変更して逃げ切りを図っていく。82分には秋葉忠宏監督が杉浦文哉をピッチに送り出し、両チームの指揮官はすべての交代枠を使った。

試合終盤は1分1秒がとても長く感じるほど苦しかった。水戸に左右に揺さぶられてゴール前にクロスを放り込まれる。バイスと柳が跳ね返して何とか防いでいたが、89分にファジアーノの壁が崩れた。杉浦が左サイドからクロスを上げると、バイスと阿部がクリアできない。そして、後ろから走り込んできた成瀬と村田がもつれてこぼれたボールを安藤が押し込んだ。

同点に追い付いた水戸は、さらに攻勢を強めてファジアーノのゴールに襲いかかってくる。91分、CKのこぼれ球を拾った杉浦が右足を振り抜く。ミドルシュートはDFに当たってクロスバーを叩いた。終了間際にはCKの混戦から高岸が押し込んだが、堀田が至近距離からのシュートを右手1本で弾き出して逆転は許さなかった。

3年ぶりの4連勝は叶わなかった。立ち上がりから相手に押し込まれる苦しい展開の中で先制し、みんなで我慢強く耐えてリードを守ってきた。4連勝は目の前まで迫ってきていたが、無失点で終えることはできなかった。

勝点3を持ち帰れないことが残念でならないが、89分に同点に追いつかれても意気消沈せず、水戸に18本のシュートを許しながらも1失点しか許さなかった。今節も堀田をはじめ守備陣のパフォーマンスのおかげで勝点1を持ち帰れることを前向きに捉えたい。

〈 了 〉

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ