【サッカー人気1位】ブラウブリッツ無敗優勝に「オシムの一番…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

2012J1第6節 FC東京×鹿島 吉田寿光審判団評

■主審:吉田寿光

 採点:1

 

「鹿島の戦術を見ても分かるが、ボールを奪われたらファウルをしてボールを奪い返す。これが彼らの戦術だ」(この日に限って言えばFC東京のFK数が21回で、鹿島は13回)

ポポヴィッチ監督は、だからこそ、レフェリーは「ルールを分かっていないのではないか」と批判する。

「イエローカードをもっと早めに出しておけばコントロールできたと思うが、口頭で説明して5回続いてからのイエローカードでは遅い」と。

(残り 1690文字/全文: 1896文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック