【サッカー人気5位】松尾佑介が自分がゴール前での違いを見せ…

石井紘人のFootball Referee Journal

【連載第三回:取材記】西村雄一 ~十字架を背負わされたレフェリー

【連載第二回:取材記】西村雄一 ~十字架を背負わされたレフェリー

~第三章~

 

2008年J2第6節(4月6日)、ヴァンフォーレ甲府×セレッソ大阪戦。

後半11分にペナルティーエリア内でC大阪のFWカレカが転倒した場面で、カレカに触れていなかった甲府DFの池端陽介に対して「得点機会阻止」としてレッドカードを提示した。

選手からすれば、「ファウルが見えていないのに、カードを出したのか」と釈然としない判定といえる。 

(残り 2450文字/全文: 2674文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ