【サッカー人気3位】コンセプトが詰まったメニュー 「このゲ…

石井紘人のFootball Referee Journal

【連載最終章:取材記】西村雄一 ~十字架を背負わされたレフェリー

【連載第四回:取材記】西村雄一 ~十字架を背負わされたレフェリー

~第五章~

■消えない発言疑惑

しかし、そんな西村の思いはメディアにはなかなか伝わらない。2009年には仮説の提示記事がまたもや掲載された。

【Jリーグアウォーズで優秀主審賞を受賞した西村雄一主審が、J1最終節柏レイソル×川崎Fで選手に対して暴言を吐いたと12月7日発売のエルゴラッソが報じた。

西村主審がジャッジしたJ1最終節柏レイソル×川崎Fは警告8枚、退場2枚と大荒れの試合。火種となった前半30分のPKはファウルをもらった森勇介自身もサッカーマガジンNo.1270で「(タックルは)ボールにも足にも来ていたけれど、ファウルを取れてラッキーだった」と発言する微妙な判定だった。柏は、この日の西村主審のジャッジを問題視し、Jリーグへ質問状を提出するとしている。

また、エルゴラッソは「主審から選手に対し”暴言”があったのちにイエローカードが提示された事実を複数の選手から確認」したと伝えている。西村主審は過去に、試合中に選手に対して「死ね」と発言したとして大きな問題になったことがある。

ZAKZAKによれば西村主審は来年のW杯に審判派遣されることが内定しており、Jリーグ内でも意見が割れたものの、箔を付ける為に受賞させたとのこと。サッカーダイジェストによる採点、審判部門では上位7名に西村氏の名前はない。】(Webサポティスタ)

 

2009J1最終節の柏レイソル×川崎フロンターレ戦。この試合には三つポイントがあった。

①一つ目のPK。森へのスライディングタックルがなぜPKなのか。 

‘スライディングタックルはボールにいけばOK’なんてルールはそもそもない。両足で深いタックルをすれば、どうなるかはいわずもがな。西村の判定は決して間違っていない。

 

②二つ目の副審がとったPK。 

(残り 2607文字/全文: 3388文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ