【サッカー人気1位】「Jリーグを見習え!」とは言わないけれ…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

2013J1第11節 浦和×鹿島 佐藤隆治審判団評

[主審]佐藤隆治

スターティングメンバー表を見て、驚いた。

20周年記念試合、さらに浦和×鹿島という、両サポーターに敵対心があり、遺恨試合ともいえる試合を佐藤に任せるとは予想できなかった。

割り当てられるのは、“顔”のある西村雄一、今シーズンのパフォーマンスから村上伸次や若手の飯田淳平あたりかなと思っていた。

反面、割り当てを聞いて、佐藤の今後を占う試合でもあると感じた。この試合で妥当なレフェリングをみせて貰い、ヤマザキナビスコ杯ファイナルなどのビッグマッチを任せたい。アジアで経験を積んでいる佐藤に、より高みを目指させる狙いなのだろうな、と。

 

佐藤自身にも、昨季あたりから変化が見られる。

選手と積極的にコミュニケーションをとるようになった点だ。試合前にも、岩政と談笑するなど、『表現力』への準備、意識もしている。

そんな佐藤主審がどのようなレフェリングで、この難しい試合をコントロールするのか。

(残り 2905文字/全文: 3300文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック