【サッカー人気3位】【J1騒乱】川崎vs名古屋:勝負を決め…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

2013J1第15節 大宮×名古屋 飯田淳平審判団評:3

■主審:飯田淳平

 採点:3

 

自分の仕事がミスとしてYahooのトップページに掲載されるのはどんな気持ちだろう。

 

「同点にするチャンスはあったが、レフェリーがそうさせてくれなかった。矢野がボックス内に突っ込んだシーンを皆さんがどう見たかは分からないが、私にはハッキリとPKに見えた。新宿のタワーから見ても(PKであることは)クリアだったと思う。そこから私をクレイジーにさせてくれた。ミスがあることは理解できるが、今回は理解できなかった。ドラガン・ストイコビッチである私にあれを説明しろと言われても、説明できない。レフェリーを責めているわけではない。ただ、試合後、気分が悪いだけだ」

 

というストイコビッチ監督のコメントが掲載され、

 

とうてい納得することはできなかった。名古屋グランパスは12で迎えた後半23分、MF藤本淳吾のスルーパスに途中出場のFW矢野貴章が反応。PA内で前に抜け出そうとしたところでDF村上和弘に右腕を引っ張られるようにして転倒した。
PKかと思われた場面で飯田淳平主審の笛は鳴らず、逆に判定に抗議した藤本に異議でイエローカードが出た。

 

記者も、誤審だという。新宿のタワーから見てもPKというのは、どのようなシーンだったのだろうか。

(残り 1091文字/全文: 1614文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック