【サッカー人気5位】新ブラジル人アタッカーのエウベルが、ど…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

【石井紘人レポート】トップアシスタントレフェリーを知る

■副審の走る距離

「主審と副審の大きな違いは、まず走る距離ですね。トップの主審は一試合で1012kmは走ります。凄い距離ですよね。中盤の選手で運動量ある選手くらい走っているんですよ。

僕たち副審はというと、その半分くらいの5km6kmくらいですね。手を抜いている訳じゃないですよ(笑)。単純に、僕らのエリアはピッチの半分じゃないですか?だから、統計的にも、ピッチ全体を走る主審の半分になる。

主審はマラソン的な能力が要求されますが、我々副審は、サイドステップからの急発進や急ブレーキが求められます。かつ、走りながらも、周囲を見ることが出来るということ。

見極めが難しいのは、ロングシュートです。

というのも、横から見られないんですよ。

オフサイドラインが高いと、その位置から、ゴールの見極めをしなければいけない。南アフリカW杯のイングランド×ドイツのシュートなんて、凄く難しい。

(残り 1406文字/全文: 1791文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック