【サッカー人気5位】期限付き移籍選手の定点観測:J1総集編

石井紘人のFootball Referee Jurnal

2013J1第26節 広島×新潟 飯田淳平審判団評:3

■主審:飯田淳平

 採点:3

 

キックオフしてすぐ、石原が田中に激しくチャージするが、ボールにプレーできているということでノーファウルに。飯田主審らしい基準だ。

 

飯田主審は良い入りをしたように見えたが、9分。田中のシュートがCKになったが、実際にワンタッチはなかった。広島のアピールで飯田主審も“おかしいな”と感じたようで、すぐに審判団に確認し、ゴールキックに変更。ミスを防いだチームとしてのナイスジャッジだった。

 

また、16分の川又の足を引っ掛けた青山のファウルをしっかりと見極める。一方で、37分、ボールキープしようとしたレオ・シルバの腕が青山の顔に当たったシーンは、リプレイで観ると、不用意な腕であり、ファウルはあっても良かったかもしれない。

また、43分の佐藤のファウルとなったプレーはノーファウルでも良かったように思える。

 

それでも高い『表現力』を活かし、74分、遅れて足を出した川又に水本が苛立ちをみせると、川又も応戦し、荒れそうになるが、すぐに間に入り収めるなど、試合をコントロールしていく。

(残り 263文字/全文: 712文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック