【サッカー人気1位】実直なプレーで王者に対抗 献身性を見せ…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

2014FIFAワールドカップ決勝戦の笛は誰の手に 準決勝はメキシコとトルコの主審。チーム西村もベスト15に残る

FIFAは、ワールドカップブラジル大会で、準決勝以降の4試合を担当する可能性のない審判員を帰国させ、25組いたトリオを15組に絞った。

その15組のなかに、西村雄一主審と相楽亨、名木利幸両副審の日本人審判団も入った。つまり、ブラジル×メキシコ戦のチーム西村のレフェリングをFIFAが評価した証でもある。

とは言え、世界で物議を醸した判定があったため、開幕戦以降割り当てられていないチーム西村が、決勝戦を吹くというのは考え難い。おそらく、3位決定戦の主審か第四審判が割り当てられるのではないだろうか。

また、特筆すべきが、ベスト4にオランダとドイツが残っているのにも関わらず、欧州のトリオが6組残っていることである。これは決勝が欧州×南米でも、欧州の主審を割り当てる可能性を示唆しているのではないか。

 

ちなみに、既に準決勝二試合の割り当ては発表されており、

ブラジル×ドイツはメキシコのチーム・マルコ。

オランダ×アルゼンチンは、なんとトルコのチーム・チャキル

が担当するように、欧州×南米の準決勝を欧州の主審が吹くことが決まっている。

 

そうなると、決勝戦は、経験のポルトガルのペドロ・プロエンサ主審か。ライバルだったカイペルスはオランダ出身のため、15組に残れなかった。これも審判団の無常さである。

チーム西村のライバルとなりそうなのは、地元のチーム・リッシか。もしくは、次世代を担う年齢のレフェリーか。

まだ日本代表の試合は終わっていない。

 

 

<ベスト15審判員>

ラフシャン・イルマトフ(ウズベキスタン)

西村雄一(日本)

ヌマンディエズ・ドゥエ(コートジボワール)

ハイムーディ(アルジェリア)

マーク・ガイガー(アメリカ)

マルコ・ロドリゲス(メキシコ)

エンリケ・オセス(チリ)

リッシ(ブラジル)

ベラ・ロドリゲス(エクアドル)

ジュネイト・チャクル(トルコ)

ヨナス・エリクソン(スウェーデン)

ペドロ・プロエンサ(ポルトガル)

ニコラ・リッツオーリ(イタリア)

カルロス・カルバジョ(スペイン)

ハワード・ウェブ(イングランド)

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック