【サッカー人気4位】槙野智章がリカルド監督の指導に手応え「…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

【無料記事/石井紘人コラム】現代サッカーに“中東の笛”はあるのか?

シリア戦で退場となった川島だが、一試合の出場停止ですんだ。追加処分が科される可能性もあったが、規律委員会側も“疑惑のオンサイド”を考慮したのだろう。

それを物語るかのように、日本×サウジアラビア戦には最高クラスの審判が割り当てられた。今月17日に、国際サッカー歴史統計連盟が発表した年間最優秀審判の2位(1位と3位は欧州)に選ばれたラフシャン・イルマトフ氏。知る人ぞ知る、アジアナンバーワンの主審である。

そんなイルマトフ氏が主審を務めた対サウジアラビア戦。5-0というスコアは、シリア戦のモヤモヤを吹き飛ばすのに充分なスコアだが、それ以上に審判が目立たない試合にストレスを感じなかったのではないだろうか。

その裏には、イルマトフ主審の高いレフェリング技術が隠されている。もちろん、どんなに主審のレベルが高くても、たとえば2010南アフリカW杯決勝のオランダのように、選手たちがラフなプレーを繰り返せば、当然、試合は成り立たなくなる。とはいえ、レフェリング技術で予防線をはることはできる。イルマトフ主審は、この試合でその予防線をはっていた。

それは7分に与えた内田への警告だ。中盤でヤセルに抜かれた所を意図的に内田はファウルで止めた。イルマトフ主審は迷わず内田に警告をあたえ、その姿勢からは“故意のファウルにはカードを出す”というメッセージが伝わってきた。これを選手たちも理解し、激しくもラフなファウルのない試合に繋がった。元国際審判員である岡田正義氏も「前半10分までの判定はポイントになった」と分析する。一方で、岡田氏は、この判定以上に重要なシーンを教えてくれた。

「岡崎選手の1点目のオフサイドぎりぎりの飛び出しを見極めた副審の判定が素晴らしかったですね。」

副審はオフサイドの判定を見極めて当たり前だと思われているが、そんなことはない。2010南アフリカW杯で問題になったシーンのほとんどに副審が絡んでいるように、副審の判定は主審以上に試合を左右する。現代サッカーでは、FWとDFがギリギリの駆け引きを常に行っており、そこにパスを出す選手の技術も加わる。

この困難極まりないギリギリの判定を下さなければいけないのが副審で、かつゴールの判定も委ねられているのだ。多くのトップレベルの試合の主審を務めてきた岡田氏だからこそ、副審を慮る気持ちがあり、副審の素晴らしさに目がいったのだろう。報道する側としても『副審のナイスジャッジ』という視点は、目から鱗が落ちる思いだった。さらに、岡田氏は、この試合にはベテランならではのレフェリングが隠されていたという。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック