【サッカー人気4位】【練習レポート】十勝キャンプレポ・トレ…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

【福田正博氏の的を射た審判批評】UEFAチャンピオンズリーグ2015第6節 バイエル・レバークーゼン 1-1 FCバルセロナ マーク・クラッテンバーグ審判団評

勝たなければ次のステージに進めない可能性が高いレバークーゼン。シビアな試合を任されたのは、“審判員と選手の言った・言っていない騒動”に巻き込まれたクラッテンバーグ主審だ。

3分のファウルは、ジェスチャーを見ると、アクシデンタル的に見えたが、影響したということでとった。8分には、アドバンテージを採用せずにホールドをとったように、姿勢を示す意味合いもあるのだろう。10分の足を引っかけたファウルはあきらかだ。19分のメッシのゴールのオンサイドの見極めもさすがである。24分のボールに手が当たったシーンも、予期出来ていないボールであり、ハンドではないのは受け入れられる。29分、足にスライディングする格好になったカンプルに警告。妥当なカード基準だが、一方で41分のチチャリートの腕はギリギリだ。

前半のレフェリングを見た実況の倉敷保雄氏は「レバークーゼンに“辛い”主審ですね」と評したが

(残り 373文字/全文: 762文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ