【サッカーパック人気2位】 【北関東ライター通信】第六回『水戸、どうなのよ?』栃木・鈴木(19.1…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

【妥当な全体と論点の65分】2016J1 1st第5節 ガンバ大阪 1-2 横浜Fマリノス 佐藤隆治審判団評

試合を流してみるのと、微妙な判定を巻き戻しながらLaws of the gameを元にみるのでは、審判団への印象が変わる。

5秒、中村俊輔の足を踏む格好になったパトリックに注意。3分には小林へのプッシング。9分の倉田のファウルは、ボールと共に足も蹴ったのをフォーカスした。ガンバ大阪側としては受け入れ難かっただろう。13分のマルティノスが倒れたシーンは、足同士のフットボールコンタクトとする。23分にはプレー後に藤春と小林が接触。まずは押すような格好になった藤春、その後で小林とコミュニケーションをとる。26分にもアフター気味のチャレンジになったカイケに注意し、ラフな方向に行くのを防ぐ。基準も貫徹されており、27分の中村とアデミウソンの接触は、ボールにプレーできているためフットボールコンタクトとする。一方で直後の笛は、

(残り 908文字/全文: 1265文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック