【サッカー人気3位】梶川と中林は練習終盤に別メニュー調整で…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

【西村雄一審判批評】J1昇格プレーオフ決勝セレッソ大阪×ファジアーノ岡山:2016年Jリーグ最優秀主審のビッグマッチでのレフェリングとは?

J2J1か―

選手たちの明暗を分ける試合を割り当てられたのは西村雄一主審だ。

44秒、足に先にいったため。1分にはワンテンポ遅れたがチームでハンドリングをとる。この辺は西村主審の強みである。4分にもプレーできる範囲外からのチャージ。7分にもかわされた所に手を出したファウルをとる。12分にもホールディングをロールバック。14分にはプッシング、15分のロールバックも的確だ。21分のファウルは、CS第一戦のようだった(参考記事:チャンピオンシップ浦和レッズ×鹿島アントラーズ:妥当な興梠へのPK、誤審と誤解を招く解説)。

(残り 794文字/全文: 1052文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック