【サッカー人気5位】両監督の狙いが出た試合、松本山雅戦

石井紘人のFootball Referee Journal

レフェリーは謝らないし、罰を受けない?「自分でやったことがない人は、それがどれだけ大変なことか分からないため、痛烈な批判をしてしまいがちです」【審判批評無料コラム】

「審判員はミスしても謝らない」

「選手にはペナルティがあるのに審判員にはペナルティがない」

そんな意見を目にするが、はたして審判員を知ろうとしているのだろうか?

一昨年あたりから、審判員とメディアが触れ合う機会が増えている。企画書が必要な取材申請をせずに、日本サッカー協会スタッフの目を気にすることなく取材できることで、審判員の素顔がメディアに伝わり、苦悩なども報じられるようになった。最たる例が家本政明主審のエピソード(参考記事:炎上した“させられた”家本政明レフェリーがSNSと心を閉ざした理由)だろう。

話を戻して、「審判員はミスしても謝らない」と言うが、そんなことはない。たとえば、山本雄大主審に、2015ゼロックススーパー杯(参考記事:オフサイドのミスと遠藤への微妙なジャッジ)について聞くと、「オフサイド後の森脇選手への異議。あれは、僕がオフサイドの誤審をしなければ起こらなかった。なので、森脇さんには、後で謝罪しました」(参考記事:山本取材記)と教えてくれる。そして、ミスを防ぐために、どうすべきかも付け加える。また、そういったミスジャッジがあれば、割り当てが変わることだってある。

選手にドラマがあるように、審判員にもドラマがある。あとは、それを知ろうとするかどうかだ。

「自分でやったことがない人は、それがどれだけ大変なことか分からないため、痛烈な批判をしてしまいがちです」(福沢諭吉)という言葉を、私は肝に銘じている。批判するならば、知ること、知ろうとすることが必要だと思う。誤った情報を拡散させることは齟齬を生む。

「選手にはペナルティがあるのに審判員にはペナルティがない」という意見だが、審判員も割り当ての停止もあれば、Jリーグ担当審判員から外される審判員もいる。それは調べればわかることだ。

もしかすると、「クビにした審判員に会見させろ」という暴論なのかもしれないが、Jリーグクラブが、敗戦後にミスした選手のプレーを糾弾し「ミスしたのでクビにします」と会見を開くだろうか?

「審判員を知れば大変さが分かるから誤審を許そう」ではなく、跋扈する中身のない感情的なバッシングで審判員はレベルアップすると思えない。そうではなく、現状を分析したうえで、要求すべき。「謝れ」「処分を公開しろ」でどのように技術が向上するのだろうか?

ということで、山本主審のターニングポイントとなった誤審の原因や世界のレフェリーから学んだことを取材した(2017レフェリーブリーフィング山本雄大インタビュー)。

 

FBRJ(週刊審判批評)は「ライターと読者が議論できる雑誌」です。PCやスマートフォンがあれば、いつでもどこでもアクセスが可能。更新頻度も週3回から5回ですので、鮮度の高いタイムリーなコンテンツを読み、かつご登録頂くとライターと直接議論することが出来るコメントを書くことができます

石井紘人のFBRJで配信されるコンテンツは、以下のとおりです。

<毎月第一月曜と第三月曜日>

レフェリーブリーフィング全文掲載や独自取材によるコラムやレポート、Jリーグ担当審判員取材記を更新

1位:浦和レッズ×鹿島アントラーズ20周年試合、どこも報じなかった審判団の真実

2位:2016ゼロックススーパー杯ガンバ大阪×サンフレッチェ広島戦の裏側

3位:家本政明ノンフィクション、何が変わったのか?

4位:レフェリーブリーフィング後、読者の疑問を審判側に直接取材

5位:「死ねといった」と言われたレフェリー、西村雄一の南アフリカまでのプロセス

<火曜日から金曜日>

読者からコメントのあった試合や判定のテレビチェック、タイムリーなコンテンツを更新

<土曜日から日曜日>

Jリーグの現地取材レポート

1位:【無料Jリーグ紀行第7回】浦和レッズ×鹿島アントラーズ両監督は西村雄一審判団をどう評価したか?

2位:【Jリーグ紀行第6回】試合中、レフェリーとコミュニケーションをとっていたノヴァコヴィッチに審判批評をしてもらった

3位:【Jリーグ紀行第1回】正しい判定をした審判員、記者会見場でメディアや監督はどのような話をしているか?

<その他不定期企画>

ドラゴン久保竜彦90分間独占インタビュー

読者の声を訊く「最優秀レフェリー投票」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ