『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催 〈お得な前売りは本日18時まで〉

石井紘人のFootball Referee Jurnal

無料コラム:名古屋グランパスの先制点オウンゴール、シャビエルと松本山雅FC下川陽太の競り合いはファウルではなくフットボールコンタクト【井上知大審判団批評】

J227節の名古屋グランパスエイト×松本山雅FC戦の先制点が議論になっているようだ。

それは33分のオウンゴールの前の接触である。

名古屋が右サイドから連動して細かいパスを繋ぎ、中央に入ってくる。松本山雅はペナルティーエリアに入られた所で、なんとか岩間雄大がパスカットするが、ボールはそのままエリアにいたシャビエルと下川陽太の目の前に。

両選手ともにボールにプレーできる範囲内からチャージするが、下川が競り負け、マイボールにしようとした足でオウンゴールしてしまう。

この競り合い時の腕が論点となっているようだ。また、下川の足を蹴ったのではという声もあるらしい。

主審は、腕はフィフティとジャッジし、マイボールにするために下川が自ら足をコースに入れたと見たのだろう。

判定はフットボールコンタクトとして尊重できるでしょうか?

 

 

FBRJ(週刊審判批評)は「ライターと読者が議論できる雑誌」です。ご登録頂くとライターと直接議論することが出来るコメントを書くことができます

石井紘人のFBRJで配信されるコンテンツは、以下のとおりです。

<毎月第一月曜と第三月曜日>

レフェリーブリーフィング全文掲載や独自取材によるコラムやレポート、Jリーグ担当審

判員取材記を更新

1位:「死ねといった」と言われたレフェリー、西村雄一の南アフリカまでのプロセス

2位:家本政明ノンフィクション、何が変わったのか?

3位:レフェリーブリーフィング後、読者の疑問を審判側に直接取材

<火曜日から金曜日>

読者からコメントのあった試合や判定のテレビチェック、タイムリーなコンテンツを更新

<土曜日から日曜日>

Jリーグの現地取材レポート

1位:【無料Jリーグ紀行第7回】浦和レッズ×鹿島アントラーズ両監督は西村雄一審判団をどう評価したか?

2位:【Jリーグ紀行第6回】試合中、レフェリーとコミュニケーションをとっていたノヴァコヴィッチに審判批評をしてもらった

3位:【Jリーグ紀行第1回】正しい判定をした審判員、記者会見場でメディアや監督はどのような話をしているか?

<その他不定期企画>

ドラゴン久保竜彦90分間独占インタビュー

読者の声を訊く「最優秀レフェリー投票」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ