【サッカー人気1位】城福浩監督の退任に寄せて。

石井紘人のFootball Referee Jurnal

無料:横浜Fマリノス喜田選手の木村博之主審のジャッジへの不満をサッカー競技規則と動画で振り返る【審判批評】

「そうでしょうね。後ろからいってますからね」(福西崇史氏)

その一方で『試合後に異議で警告も…痛恨ファウルに不満の喜田「あれを取られたらきつい」』という記事を『ゲキサカ』紙は掲載している。

「最後、自分のファウルでFKを与えてしまった。判定が覆るとは思わないし、審判を批判するわけではないけど、あれを(ファウルと)取られたらきつい。どうやってボールを取ればいいのかという話になる。自分ではいいプレスバックだと思ったし、相手が見えてなくて倒れただけ。僕らは人生を懸けてやっているし、判定一つでああいう結果になるのは残念」

正当なチャージだったと主張する喜田は試合後にも異議を唱え、イエローカードを受けた。

動画の喜田選手のチャージを、皆さまはどのようにジャッジされるでしょうか?

 

*本日更新予定のコラムですが、21日木曜のレフェリーブリーフィング後に更新します。

 

FBRJ(週刊審判批評)は「ライターと読者が議論できる雑誌」です。ご登録頂くとライターと直接議論することが出来るコメントを書くことができます

石井紘人のFBRJで配信されるコンテンツは、以下のとおりです。

<毎月第一月曜と第三月曜日>

レフェリーブリーフィング全文掲載や独自取材によるコラムやレポート、Jリーグ担当審

判員取材記を更新

1位:「死ねといった」と言われたレフェリー、西村雄一の南アフリカまでのプロセス

2位:家本政明ノンフィクション、何が変わったのか?

3位:レフェリーブリーフィング後、読者の疑問を審判側に直接取材

<火曜日から金曜日>

読者からコメントのあった試合や判定のテレビチェック、タイムリーなコンテンツを更新

<土曜日から日曜日>

Jリーグの現地取材レポート

1位:【無料Jリーグ紀行第7回】浦和レッズ×鹿島アントラーズ両監督は西村雄一審判団をどう評価したか?

2位:【Jリーグ紀行第6回】試合中、レフェリーとコミュニケーションをとっていたノヴァコヴィッチに審判批評をしてもらった

3位:【Jリーグ紀行第1回】正しい判定をした審判員、記者会見場でメディアや監督はどのような話をしているか?

<その他不定期企画>

ドラゴン久保竜彦90分間独占インタビュー

読者の声を訊く「最優秀レフェリー投票」

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ