【サッカー人気1位】「今のパク・イルギュには、鳥栖で輝いて…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

無料:41分のザスパクサツ群馬松下のミドルシュート時に鈴木が松本山雅FCゴールキーパーにインパクトを与えたためオフサイド?【飯田淳平審判団批評】

J233節の松本山雅FC×ザスパクサツ群馬戦で、「逆(の判定のゴール)でも(相手の監督が主審へのアピール)言っていると思う」と片山直人氏が解説したように非常に難しいオフサイドの見極めがあった。

41分、ザスパクサツの松下裕樹が豪快なミドルシュートをゴールネットに突き刺す。が、オフサイドポジションにいた鈴木崇文が、GK村山智彦に対して【オフサイドポジションにいる競技者が、相手競技者がボールをプレーすること(または、プレーする可能性)に影響を与える】ということでオフサイドの判定になった。 

ゴール裏からの映像があれば、インパクトを与えているか分かりやすいのだが(参考無料記事:セレッソ大阪×ギラヴァンツ北九州戦はGKの視線を遮っているためオフサイドとすべきだった)。

皆さんは、どのようにジャッジされますか?

 

FBRJ(週刊審判批評)は「ライターと読者が議論できる雑誌」です。ご登録頂くとライターと直接議論することが出来るコメントを書くことができます

石井紘人のFBRJで配信されるコンテンツは、以下のとおりです。

<毎月第一月曜と第三月曜日>

レフェリーブリーフィング全文掲載や独自取材によるコラムやレポート、Jリーグ担当審

判員取材記を更新

<火曜日から金曜日>

読者からコメントのあった試合や判定のテレビチェック、タイムリーなコンテンツを更新

<土曜日から日曜日>

Jリーグの現地取材レポート

1位:【無料Jリーグ紀行第7回】浦和レッズ×鹿島アントラーズ両監督は西村雄一審判団をどう評価したか?

2位:【Jリーグ紀行第6回】試合中、レフェリーとコミュニケーションをとっていたノヴァコヴィッチに審判批評をしてもらった

3位:【Jリーグ紀行第1回】正しい判定をした審判員、記者会見場でメディアや監督はどのような話をしているか?

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック