【サッカー人気5位】「千葉の新スタイルの術中にはまった水戸…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

無料:中国人審判団の判定に疑問?韓国vsセルビア戦で主審が下した波紋広がるPK判定を議論する

昨日韓国で行われた韓国代表×セルビア代表のサッカー国際親善試合。

0-1で迎えた61分、右サイドからのクロスを受けようとしたク・ジャチョルがペナルティーエリア内で倒れる。

マー・ネイ主審は、ヴコヴィッチがユニホームを掴んで背中を押したということでPKとするが、判定を支持する声は少ないようだ。

皆さんはどのようにジャッジされますか?

 

FBRJ(週刊審判批評)は「ライターと読者が議論できる雑誌」です。ご登録頂くとライターと直接議論することが出来るコメントを書くことができます

石井紘人のFBRJで配信されるコンテンツは、以下のとおりです。

<毎月第一月曜と第三月曜日>

レフェリーブリーフィング全文掲載や独自取材によるコラムやレポート、Jリーグ担当審

判員取材記を更新

1位:J20周年記念試合浦和レッズ×鹿島アントラーズ戦の「興梠は触っていないと言った」の真実

2位:石井紘人コラム【町田vs名古屋で家本政明主審が退場者を間違えてしまった理由。そしてバッシングに覚える違和感】の記事について

3位:レフェリーブリーフィング後、読者の疑問を審判側に直接取材

<火曜日から金曜日>

読者からコメントのあった試合や判定のテレビチェック、タイムリーなコンテンツを更新

<土曜日から日曜日>

Jリーグの現地取材レポート

1位:【無料Jリーグ紀行第7回】浦和レッズ×鹿島アントラーズ両監督は西村雄一審判団をどう評価したか?

2位:【Jリーグ紀行第6回】試合中、レフェリーとコミュニケーションをとっていたノヴァコヴィッチに審判批評をしてもらった

3位:【Jリーグ紀行第1回】正しい判定をした審判員、記者会見場でメディアや監督はどのような話をしているか?

<その他不定期企画>

ドラゴン久保竜彦90分間独占インタビュー

読者の声を訊く「最優秀レフェリー投票」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック