石井紘人のFootball Referee Jurnal

無料:谷口へのハンドリングの適用は?誤審ならなぜ見極められなかったか?【川崎フロンターレ×ガンバ大阪戦審判団批評】

J232節、優勝争いをする川崎フロンターレの試合で議論できる判定があった。

川崎が1-0でリードする90+3分、ガンバ大阪のロングボールをペナルティーエリア内で谷口がトラップする。

ハンドリングの適用はされなかったが、如何だろうか?

ボールを手または腕で扱う

競技者が手または腕を用いて意図的にボールに触れる行為はボールを手で扱う反則である。

次のことを考慮しなければならない

・ボールの方向への手や腕の動き(ボールが手や腕の方向に動いているのではなく)

・相手競技者とボールの距離(予期していないボール)

・手や腕の位置だけで、反則とはみなさない。

・手に持ったもの(衣服、すね当てなど)でボールに触れることは、反則とみなされる。

・もの(靴、すね当てなど)を投げてボールにぶつけることは、反則とみなされる。

審判委員会「我々はレフェリーに「ハッキリとハンドだと確信が持てなければ、吹かないように」と通達しています(参考記事:2016ゼロックスのハンドリングの誤審について)。

これは逃げろという意味ではありません。ハンドをとるならば、当たった所が見えていなければいけない。ファウルであれば、チャレンジというのもありますが、ハンドリングは当たったか当たっていないかが大きなポイントです。(PA内のハンドリングは)大きな判定だからです。大きな判定には確信と自信が必要になります。」(参考記事:なぜジュビロ磐田×ヴィッセル神戸戦の渡部のハンドリングを見極められなかったか

後程、ワンシーンだけでなく、全体の審判批評したい。

 

FBRJ(週刊審判批評)は「ライターと読者が議論できる雑誌」です。ご登録頂くとライターと直接議論することが出来るコメントを書くことができます

石井紘人のFBRJで配信されるコンテンツは、以下のとおりです。

<毎月第一月曜と第三月曜日>

レフェリーブリーフィング全文掲載や独自取材によるコラムやレポート、Jリーグ担当審

判員取材記を更新

1位:J20周年記念試合浦和レッズ×鹿島アントラーズ戦の「興梠は触っていないと言った」の真実

2位:石井紘人コラム【町田vs名古屋で家本政明主審が退場者を間違えてしまった理由。そしてバッシングに覚える違和感】の記事について

3位:レフェリーブリーフィング後、読者の疑問を審判側に直接取材

<火曜日から金曜日>

読者からコメントのあった試合や判定のテレビチェック、タイムリーなコンテンツを更新

<土曜日から日曜日>

Jリーグの現地取材レポート

1位:【無料Jリーグ紀行第7回】浦和レッズ×鹿島アントラーズ両監督は西村雄一審判団をどう評価したか?

2位:【Jリーグ紀行第6回】試合中、レフェリーとコミュニケーションをとっていたノヴァコヴィッチに審判批評をしてもらった

3位:【Jリーグ紀行第1回】正しい判定をした審判員、記者会見場でメディアや監督はどのような話をしているか?

<その他不定期企画>

ドラゴン久保竜彦90分間独占インタビュー

読者の声を訊く「最優秀レフェリー投票」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ