石井紘人のFootball Referee Jurnal

レフェリーブリーフィング前編②:課題は「主審と副審の協力関係」【審判批評コラム】

迎えた90+1分、PA内でパスを受けて抜けた家長がGKと一対一に。キム・ジンヒョンのスライディングをダブルタッチで交わした所で、キムの右足が家長の右足に引っかかる。

接触があったのは間違いないが、家長が両足を残して両手を揃えて飛んだことを、ファウルを貰いにいったと見たのだろう。(参考記事:川崎フロンターレ×セレッソ大阪【西村雄一審判団批評】

(残り 602文字/全文: 773文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ