『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催〈〆切間近〉

石井紘人のFootball Referee Jurnal

【ラフシャン・イルマトフ審判団批評採点】アジアチャンピオンズリーグ浦和レッズ優勝、アルヒラルに二枚目の警告で退場は厳しい判定だったのか?

「アジア最高のレフェリー」の基準に戸惑ったのは、Jリーグの選手たちではなく、アルヒラルの選手たちだった。

イルマトフ主審は、ファーストレグのゲーム分析(参考記事:審判団のトレーニングとは?)から、いつも以上に厳しい姿勢で試合に入ったと思う(参考記事:ACL第一戦アルヒラル×浦和レッズ審判批評)。その証拠に、イルマトフ主審のマネジメントならば、注意でも収められるギリギリのライン(参考記事:“注意”でも“警告”でも良い事例とは?)でも、30分までに三枚の警告を掲出した。

浦和レッズ選手たちは、このイルマトフ主審の基準を察知し、アフター気味のファウルにならないように注意していた。その反面、アルヒラル選手たちは、後半に入ると、第一戦同様に疲労からかラフなチャレンジが増えてくる。

イルマトフ主審は、ボールにプレーできるチャレンジは寛容にしつつも、アフター気味には迷わず警告を与える基準を示していた。それをアルヒラル選手たちは察知できず、アウダウサリが72分に警告を受けていたにもかかわらず、77分にアフターでチャレンジしてしまい二枚目で退場となった。これが勝負の分かれ目となった。その後もイルマトフ主審は、大きな判定をしっかりとおさえ、採点:4クラスで試合を終えた(詳細は録画映像と共に審判批評します)。

浦和レッズ優勝の裏には、ジャッジへの適応もある。それはJリーグで選手とレフェリーが培ったものでもあると思う。

 

FBRJ(週刊審判批評)は「ライターと読者が議論できる雑誌」です。PCやスマートフォンがあれば、いつでもどこでもアクセスが可能。更新頻度も週3回から5回ですので、鮮度の高いタイムリーなコンテンツを読み、かつご登録頂くとライターと直接議論することが出来るコメントを書くことができます

石井紘人のFBRJで配信されるコンテンツは、以下のとおりです。

<毎月第一月曜と第三月曜日>

レフェリーブリーフィング全文掲載や独自取材によるコラムやレポート、Jリーグ担当審判員取材記を更新

1位:浦和レッズ×鹿島アントラーズ20周年試合、どこも報じなかった審判団の真実

2位:2016ゼロックススーパー杯ガンバ大阪×サンフレッチェ広島戦の裏側

3位:家本政明ノンフィクション、何が変わったのか?

4位:レフェリーブリーフィング後、読者の疑問を審判側に直接取材

5位:日刊スポーツ「これでいいのか?鹿島西の問いかけに審判側対応なし」という報道の裏側

<火曜日から金曜日>

読者からコメントのあった試合や判定のテレビチェック、タイムリーなコンテンツを更新

<土曜日から日曜日>

Jリーグの現地取材レポート

1位:【無料Jリーグ紀行第7回】浦和レッズ×鹿島アントラーズ両監督は西村雄一審判団をどう評価したか?

2位:【Jリーグ紀行第6回】試合中、レフェリーとコミュニケーションをとっていたノヴァコヴィッチに審判批評をしてもらった

3位:【Jリーグ紀行第1回】正しい判定をした審判員、記者会見場でメディアや監督はどのような話をしているか?

<その他不定期企画>

ドラゴン久保竜彦90分間独占インタビュー

読者の声を訊く「最優秀レフェリー投票」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ