サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

石井紘人のFootball Referee Jurnal

無料コラム/セレッソ大阪×横浜Fマリノス柿谷のゴールはオフサイドではなかった【審判批評】  

6分の柿谷のゴールはオフサイドと判定されたが、オンサイドであり、ゴールとすべきシーンだった。

では、なぜ副審はオンサイドを見極められなかったのか?

Jleague公式サイトは6分のシーンを「華麗なパスワークでDFを翻弄」と評したが、副審も翻弄されてしまった。

まず、DFラインの裏に抜けた杉本のスプリントに副審は何とかついていった。その杉本のタメからペナルティーエリアに入ってきた福光へ。福光はダイレクトで入ってきた水沼に落とし裏に抜け、水沼もダイレクトで福光にスルーパスを通す。

この時点で副審は遅れをとったポジショニングになっていた。

結果、斜めの目線から柿谷をフォーカスしてしまい、オフサイドポジションにいると誤認識してしまった。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題