石井紘人のFootball Referee Jurnal

無料:サンフレッチェ広島×川崎フロンターレ長谷川のゴールとすべきだったアディショナルタイムのオフサイドをなぜ副審はオンサイドとジャッジできなかったのか?【審判批評コラム】

「これでいいのか?鹿島西の問いかけに審判側対応なし」を取材してみた

 

川崎フロンターレ優勝後、ピッチを出る中村憲剛と家本政明主審の抱擁の理由を両者に聞いてみた

 

町田×名古屋での人違い退場で審判団と選手にどのようなやりとりがあったのか?試合後報道とは違う事実を取材した

 

サンフレッチェ広島選手たちのコンディションが良い。

池田誠剛フィジカルトレーナーに話を訊くために等々力まで取材にいったのだが、審判批評をせざる得ない結末になってしまった。

それは川崎フロンターレが一点を追う展開で迎えた90分。左サイドをえぐった車屋がマイナスのクロスを小林に合わせる。なんとかGK林が体に当てるものの、そのボールを競り合って倒れた小林と水本が体を伸ばし、こぼれたボールを最後は長谷川が押し込んだ。

画像で見ても、動画で見ても、間違いなく長谷川はオンサイドポジションにいたが、オフサイドでゴールは取り消しになってしまった。

なぜ、副審はオフサイドとしたのだろうか?

長谷川がゴールネットを揺らした瞬間、副審はセンターライン方向に走ろうとステップを踏んだように見える。つまり、オンサイドと見極めていたように感じる。

実際に副審のポジショニングは、この時の最終ラインである和田(車屋にスライディングしたまま倒れていた)と同列のポジションをとれている。

だが、サンフレッチェ広島選手のアピールを受け、副審はセンターライン方向に進むのをやめ、フラッグアップするかしないかを主審に委ねてしまった。

この時、副審は頭に、本来はこのシーンであればオフサイドラインのみのシンプルな見極めで良いのだが、「GKのセーブ」「水本のクリアが意図的なのか」など後から様々な情報を入れてしまったのだろう。

結果、副審からの主審との協議の論点にオフサイドラインが消え、最初にジャッジした絵と違う絵を描いてしまい、誤審というエラーを起こしてしまった。

 

FBRJ(週刊審判批評)は「ライターと読者が議論できる雑誌」です。PCやスマートフォンがあれば、いつでもどこでもアクセスが可能。更新頻度も週3回から5回ですので、鮮度の高いタイムリーなコンテンツを読み、かつご登録頂くとライターと直接議論することが出来るコメントを書くことができます

石井紘人のFBRJで配信されるコンテンツは、以下のとおりです。

<毎月第一月曜と第三月曜日>

レフェリーブリーフィング全文掲載や独自取材によるコラムやレポート、Jリーグ担当審判員取材記を更新

1位:浦和レッズ×鹿島アントラーズ20周年試合、どこも報じなかった審判団の真実

2位:2016ゼロックススーパー杯ガンバ大阪×サンフレッチェ広島戦の裏側

3位:家本政明ノンフィクション、何が変わったのか?

4位:レフェリーブリーフィング後、読者の疑問を審判側に直接取材

<火曜日から金曜日>

読者からコメントのあった試合や判定のテレビチェック、タイムリーなコンテンツを更新

<土曜日から日曜日>

Jリーグの現地取材レポート

1位:【無料Jリーグ紀行第7回】浦和レッズ×鹿島アントラーズ両監督は西村雄一審判団をどう評価したか?

2位:【Jリーグ紀行第6回】試合中、レフェリーとコミュニケーションをとっていたノヴァコヴィッチに審判批評をしてもらった

3位:【Jリーグ紀行第1回】正しい判定をした審判員、記者会見場でメディアや監督はどのような話をしているか?

<その他不定期企画>

ドラゴン久保竜彦90分間独占インタビュー

読者の声を訊く「最優秀レフェリー投票」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ