石井紘人のFootball Referee Jurnal

読者コメント「16分のハンドリングと64分のゴールキックは?85分の飯田に警告が出なかった理由は?」松本山雅FC×大宮アルディージャ小屋幸栄審判団批評してみた

【反スポーツ的行為に対する警告】

競技者が反スポーツ的行為で警告されなければならない状況は様々である。例えば:

相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯す。ただし、ボールをプレーしようと試みて反則を犯し、主審がペナルティーキックを与えた場合を除く。

J27節の松本大宮戦において、競技規則改正的に疑問な場面があったように思われますがいかがでしょう」と読者からコメントがあった試合を審判批評したい。

(残り 844文字/全文: 1057文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ