石井紘人のFootball Referee Jurnal

30分の浦和レッズ橋岡に対するサガン鳥栖小林のホールドでPK?オリヴェイラ監督のいうようにファウルをとらない試合だった?「誤解から生じた」【家本政明審判団批評】

サガン鳥栖戦後の浦和レッズ・オズワルド・オリヴェイラ監督の審判に対するコメントは、

「鹿島戦のときは少し議論の余地が残るペナルティーキックで負けてしまいました。そして本日は、橋岡がペナルティーエリアの中で腕を掴まれて、明らかなホールディングがあったにも関わらず、笛が吹かれませんでした。その後、柏木も同じように腕を掴まれたんですけど、そこでも笛は吹かれませんでした」

このPKを貰えなかった判定に集約されている気がする。

 

(残り 1426文字/全文: 1635文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ