【サッカー人気3位】コンセプトが詰まったメニュー 「このゲ…

石井紘人のFootball Referee Journal

無料:佐藤隆治主審、2018Jリーグアウォーズ最優秀主審賞は「素直に嬉しい」、山内宏志副審「FIFAやAFCの国際大会にはJリーグの誇りを持って参加」【審判批評コラム】

日本サッカー協会(JFA)審判委員会による『JFA Media Conference on Refereeing 2019』(参照リンク)前に、2018Jリーグアウォーズ最優秀主審賞、最優秀副審賞を初受賞した佐藤隆治主審と山内宏志副審がコメントした。両氏共に、FIFAクラブワールドカップUAE2018のアポイントを受けており、表彰式に出席できなかったためだ。

 

佐藤「昨年はクラブW杯、アジアカップ(で主審)を担当して、ロシアW杯は残念ながら(主審として)笛を吹けなかったのですが、一歩一歩前に進んでおります。国際審判員として10年目、プロ10年目(参照リンク)で、こういう素晴らしい賞を頂くことができて、素直に嬉しいです。自分には、なかなか縁のない賞だと思っていたのですが、自分のやれる精一杯を毎日やってきた結果なのかなと思いますので、これからも賞に負けないように、しっかりとやっていきたいと思います。」

 

山内「国際大会に行く時も、常にJリーグの担当審判員である誇りと責任を持って、参加しております。副審は、なかなか注目がされない立場ではあるんですけど、主審の方々の試合をコントロールする難しさを一番近くで見ていますし、それをチームワークで共にやっていくわけですけど、副審としてこれからもよりよいサポートとは何かを追求して、努力していきます。」

 

ドキュメントDVD【審判 ~もう一つのJリーグチーム】

*2019年3月中に発売予定

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ