『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

石井紘人のFootball Referee Jurnal

「審判にも間違いは許されるし、成長するためには間違うことだって必要だ(誤審をすると)何千回も謝ることを求められる。それは理解できないし、自分自身もへとへとで、謝罪の言葉を口にする気になれないときもある」

Jリーグレフェリーチームの1月からルヴァン決勝までを追った
ドキュメントDVD【審判】販売スタート

 

「審判に食ってかかる行為で、FIFAが“審判への集団威嚇”と呼んでいるものだ。まったく当たり前の判定を下したのに56人の選手がやって来て、審判を取り囲むような場合だ。それが頭に来るんだよ。キャプテンとか、一人と話し合って議論するのなら、それはまったく問題ない。けれど、一人の人間に対してしょっちゅう56人で圧力をかけてくるというのはあってはならないことだ。それに対抗することもできるにしても、そんな場合にどう対処するかという方針を立てることが必要だ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00010025-goal-socc

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック