サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

石井紘人のFootball Referee Jurnal

石川直樹の新井章太のPKストップは「ボールがけられるとき、GKは、少なくとも片足の一部をゴールラインに触れさせているか、ゴールラインの上に位置」させていた【ルヴァンカップ決勝コンサドーレ札幌×川崎フロンターレ:荒木友輔審判団批評】

前半、全てのコンタクトで貫徹した基準をみせた(参照リンク)。

(残り 1216文字/全文: 1246文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック