【サッカー人気1位】沼田前社長の12年間があったからこそ今…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

「鹿島アントラーズとしては、このジャッジは助かる。かなり激しくいかないと(横浜Fマリノスのアタッカーを)止められないから」(福田正博氏)西村雄一主審の基準と12分の仲川と70分の遠藤渓太はオフサイド?ゴールは?【審判批評】

「西村さんはかなり巧く対応している。選手はかなり興奮しますから、同じようなテンションでやるとギクシャクしますけど、巧く聞きながら(ガス抜きしながら)コントロールされている。選手は自分のことしか考えていない。良いか悪いか、正しいか正しくないかではなくて」と福田正博氏が評した試合の全体の審判批評をしたい。

(残り 941文字/全文: 1301文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック