【サッカー人気2位】解消された違和感と興梠の言葉 浦和がこ…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

#スーパーサッカー 90+1分の古橋亨梧の同点ゴールはオフサイドだった【ヴィッセル神戸×横浜Fマリノス:審判批評】

『スーパーサッカー』(TBS)の「スパサカVAR」がヴィッセル神戸×横浜Fマリノス戦の90+1分のシーンを取り上げている。

それは、山口蛍からの横パスを受けたサンペールがダイレクトで横浜Fマリノスのラインの裏に。このスルーパスに抜け出した古橋亨梧が同点ゴールを決めたシーンだ。

映像を見た福田正博氏は「これは出てますね。オフサイドです。完全に古橋出ているんですけど、VARないですからね。副審もなかなか見るのが難しかったかもしれないですけど」と誤審だったと解説しつつも、加藤浩次同様に「(古橋が)一瞬戻る動きしてますから、それがちょっと」と難しい判定だとも付け加えた。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック