【サッカー人気4位】リスクとチャレンジのバランスが良化。ホ…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

10分のハンドの反則から考えると35分の森重はPKで警告?13分の三田のクイックリスタート「仙台側からするとファウルの後のボールが止まっていたかどうか」(岩政大樹氏)45+1分のイエローと82分の椎橋と46分のアダイウトンは?【FC東京×ベガルタ:中村太審判団批評】

どちらともジャッジできる判定でポイントとなるのが基準である。

1分、プッシング。3分にもキッキング。5分にもホールド、10分にハンドリングとしっかりとファウルを見極め、基準を示していく。もちろん、37分のコンタクトの連続や39分のようにボールにプレー出来ていると判断すれば簡単にはとらない。

(残り 928文字/全文: 1072文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック