【サッカー人気5位】米独目線で考える「スーパーリーグ頓挫の…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

「90+2分のドゥドウの田中を踏みつけたシーンはレッドカード、最低でもイエローでは?」【町田ゼルビア×レノファ山口:大坪博和審判団批評】

この試合のカードは1枚。

51分、ヘディングしようとした相手に対し、ジャンピングアットでつまさきが顔近くに出してしまった長谷川アーリアジャスールにラフプレーでの警告だ。オレンジの判定だが、程度、スピードを見てイエローで収めたのだろう。両選手のテンションから見ても受け入れられる。

このカード基準もあり、90分のマソビッチの遅れた競り合いも、部位と程度から不用意に収めた。

(残り 699文字/全文: 882文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ