J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

石井紘人のFootball Referee Jurnal

なぜアディショナルタイムは+5分だったのか?さらに2分伸びたのか?真瀬と78分の上田が倒れたシーンは?【鹿島アントラーズ×ベガルタ仙台戦:小屋幸栄審判団批評】

9

ボールが審判員に触れ、競技のフィールド内にあり、次のようになった場合、

           チームが大きなチャンスとなる攻撃を始める。または、

           ボールが直接ゴールに入る。または、

           ボールを保持するチームが替わる。

こうしたすべてのケースでは、プレーは、ドロップボールによって再開される。

 

5分、大きな判定が起こる。

(残り 1565文字/全文: 1745文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ