【サッカー人気3位】【直前レポート|第29節・川崎F戦】「…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

【五輪女子「日本×チリ」で”疑惑の判定”…ノーゴールに海外疑念「地元有利に」】(Football ZONE)ゴールインかどうかはVARオンリーレビューのはずでは?

【無料/福島孝一郎審判批評】柏レイソル・ノーゴールにした横浜Fマリノスのクリア  

■「ゴールインかどうかはVARオンリーレビューのはずで、プロトコル自体は間違っていないのでは」「どこからがゴールなのか」も記すべきでは?

Football ZONE誌は「問題となったのは、スコアレスで迎えた後半25分のシーンだ。日本のゴール前へ攻め込んだチリは、MFヤナラ・アエドからのクロスに反応したMFフランシスカ・ララがヘディングシュート。ボールはクロスバーを直撃し、そのままゴールライン上で落下する。これをGK山下杏也加が掻き出したものの、ゴールラインをボールが越えたか判断の難しいほどのものだった」とレポートした後で、

「”疑惑の判定”にチリメディア「redgol」は「ゴール未回収時の論争と疑念」と見出しを打ち、「主審とVARによって地元へ有利に判定された。ボールが入ったかどうかについては、意見が分かれている。ホンジュラスのメリッサ・ボルハス主審は、音声でVARを確認しただけで、チリのゴールを退けた。しかし、この論争と疑念は長く続くだろう」と指摘」とチリメディアの記事を引用していた。

オリベイラ監督に「誰にでもあるミス?それとも、審判は鹿島に対して悪意を持っていると感じている?」と記者会見で訊いてみた

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ