【サッカー人気5位】【代表通信】元川悦子に聞く、U−22カ…

石井紘人のFootball Referee Jurnal

なぜ48分の河田の井上へのファウルをとり、幻のゴールとしてしまったか?伏線となったのは?【ファジアーノ岡山×大宮アルディージャ藤田優審判団批評】

ゴールキーパーがボールを手でコントロールしていると判断されるのは、次のときである。

ボールがゴールキーパーの両手で持たれているとき、

またはボールがゴールキーパーの手と他のもの(例えば、グラウンド、自分の体)との間にあるとき、

ボールに手や腕のいずれかの部分で触れているとき。ただし、ボールがゴールキーパーからはね返った、またはゴールキーパーがセーブした場合を除く。 

(残り 1250文字/全文: 1432文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ