【サッカー人気2位】【山雅探報】背水!松本山雅に希望はある…

石井紘人のFootball Referee Journal

競技規則通りの杓子定規がレフェリーの全てではないコモンセンスとしてある第18条【レフェリーブリーフィング中編】

9月29日、Zoomにて『2021年第4回レフェリーブリーフィング』が開催された。

前編はこちら

J132節 FC東京×名古屋グランパス戦の79分、ボールにチャレンジしている中でF東20番が過剰な力を用いて肘でグランパス選手の顔を打つ。主審はファウルとしたものの、死角だったため、行為のすべてを確認できなかった。

音声も流れたが、ボール付近での行為、審判団の死角ではない争点のため、VARもすぐにポッシブルレッドを感じていた。

(残り 3263文字/全文: 3472文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ