【サッカー人気5位】両監督の狙いが出た試合、松本山雅戦

石井紘人のFootball Referee Journal

無料:「際どい判定にはOFR(VAR)を」という選手やファンサポーターの声に対し、家本政明主審、扇谷健司JFA審判委員会副委員長の見解は?

――これも審判が変えられませんが、説得力を高めるために「際どい判定にはOFRを」という声をよく耳にします。

「ホームなのか、アウェイなのか。他にも様々な立場によって考え方は変わるのではないでしょうか。だからこそ、IFAB(国際サッカー評議会)はVARが助言する事象を限定しているのだと思います。「1回はOFRで映像を見たほうが良いのではないか?」という記事を目にしたことはあります。ただ、説得力を高めるためだけに試合を何回も止めて良いのかなと思いますし、求められている透明性がOFRなのかは疑問です」

「我々審判委員会は審判員の環境を作る。主審や副審も選手と同じようにミスや挫折で成長していく」「10代は審判だけでなく選手としてもプレーして欲しい」【扇谷健司Jリーグ審判デベロップメントシニアマネジャーインタビュー後編】

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ