【サッカー人気5位】橋岡大樹が練習参加 ユンカーが紅白戦で…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

14試合ぶりの勝利を呼んだ〝1〟の男たち~三島頌平<1>「決定的なプレーが出せるようにしていきたい」【3回分載/Pick Up Interview】

 

 
 デル・ピエロさんの御前試合となったJ2第34節で引き分け、連敗を10で止めたものの、なお未勝利がつづく状態で迎えた第37節。ファジアーノ岡山を下し、チームをトンネルから脱出させたのは、ふたりのルーキーがもたらしたゴールだった。
 後半33分、三島頌平のJ初アシストとなるクロスを田中パウロ淳一が決めて同点。そして後半42分、執念の波状攻撃から石川大地のJ初ゴールで逆転──。
 
 くしくも、この試合で残したアシストとゴールが、それぞれ2018シーズン唯一のものとなった。
 2019シーズンへの期待を込め、岡山戦で貴重な〝1〟を刻んだ男たちに迫る。
 

**********

 
 今回は三島頌平の第1回。14試合ぶりの勝利を収めたファジアーノ岡山戦、セントラルミッドフィールダーとしてのプレースタイルなど、サッカーの競技面について訊ねた。
 
◆貴重な同点ゴールを生んだクロス
 

あのクロスはピンポイントで狙ったわけではなかったのだという。スペースを意識した結果のアシストだった。


――J2第37節では、左足で送ったクロスが同点ゴールを生みました。あのアシストの場面を振り返ってください。
三島頌平 前が空いていたので、まずはボールを運ぶことを意識しました。そうして運ぶなかで顔を上げたときにゴールキーパーとディフェンスラインが空いているとわかったので、そこにボールを通せれば何かが生まれるだろうと思い、あそこにボールを入れた結果がアシストにつながった。ゴールはパウロさんが決めたんですけど、正直、狙ってはいないんです。決まったときも「ああ、入ったんだ」という感想でした。
――利き足は右ですよね。左も同じくらいに蹴ることができるんですか?
三島頌平 そうですね。どっちかといえば左に持ち運ぶ機会が多いので、左足を使う場面が多いのかなと思います。
――石川選手のゴールも決まり、2-1でタイムアップ。勝利を迎えた瞬間の気持ちは?
三島頌平 14試合ぶりだったので、

(残り 1841文字/全文: 2756文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ