【サッカー人気5位】橋岡大樹が練習参加 ユンカーが紅白戦で…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

14試合ぶりの勝利を呼んだ〝1〟の男たち~石川大地<1>「『もっとできる』という想い」【3回分載/Pick Up Interview】

 

 
 デル・ピエロさんの御前試合となったJ2第34節で引き分け、連敗を10で止めたものの、なお未勝利がつづく状態で迎えた第37節。ファジアーノ岡山を下し、チームをトンネルから脱出させたのは、ふたりのルーキーがもたらしたゴールだった。
 後半33分、三島頌平のJ初アシストとなるクロスを田中パウロ淳一が決めて同点。そして後半42分、執念の波状攻撃から石川大地のJ初ゴールで逆転──。
 
 くしくも、この試合で残したアシストとゴールが、それぞれ2018シーズン唯一のものとなった。
 2019シーズンへの期待を込め、岡山戦で貴重な〝1〟を刻んだ男たちに迫る。
 

**********

 
 今回は石川大地の第1回。Jリーグ初ゴールを振り返りつつ、プレースタイルとめざすフォワード像について訊ねた。
 
◆「あれ、オレなんでこっちに走ってるんだろう?」
 

SNSにゴールへの反応が殺到し、帰りのバスでようやく「あれは自分のゴールだった」と認識したという石川大地。


――10月13日、J2第37節の後半42分に決めたJ初ゴールがFC岐阜を14試合ぶりの勝利に導きました。
石川大地 自分が出る前から攻め込んでいるシーンが少しあって、そこで自分の名前が呼ばれるという状況だったので、岐阜のペースだな、と。1本は絶対にチャンスがあるだろうという感覚でピッチに入りました。シュートの場面は、一度(山岸祐也の)シュートを防がれたあとに阿部(正紀)ちゃんがクロスを上げて、そのクロスに対してみんなの意識が向かうなかで(宮本)航汰が潰れてくれて、うまく自分の前に落ちてきた。フォワードの選手として意識している「ボックスのなかで仕事をする」ということが、ひとつは出たのかなと思います。
――絶好のボールでしたがどう蹴ろうかと技術的に考えているほど時間の余裕はなかった?
石川大地 そうですね。瞬間、瞬間で起きていることなので、頭で考えて、という感じでは全然なかった。体が勝手に動いたと、そういう感覚ですね。
――すごい喜びようでしたね(笑)。
石川大地 あのときは自分でもどう喜んでいいのか全然わからなくて、

(残り 3263文字/全文: 4236文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ